スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口旅行 その5

山口旅行3日目の朝を、下関で迎えました。
下関は高い建物が多く、道もとても広いので、京都よりもずっと都会な印象です。
港町の栄え方と、盆地の栄え方が違うといったところなのかもわかりませんが。


この日の朝食は、2日目に会った友人の勧めで唐戸市場というところで食べることにしました。
いわゆる魚市場なのですが、金、土、日曜日と祝日は、お寿司やお刺身を買って食べられるしくみになっているんです。
朝から大変な賑わいでした。





こちらのお店のお寿司は、とにかくおいしかった!





各お店でトレーをもらい、好きなのを詰めてお会計というしくみ。





ふぐコロッケなんていうものもあります。





このあとは、山陰本線で新山口駅へ向かい、山口線に乗り換えて湯田温泉というところへ向かいました。
だいたい2時間くらいの電車の旅でした。

湯田温泉は山口市にある温泉郷です。
山口市というところは、1360年頃(南北朝時代)にこのあたりを本拠地とした大内弘世が、京都に強い憧れを抱いた弘世が京の都を模して創った町だそうで、その後の時代にも都から多くの文化人や観光客が訪れた場所なんですって。
湯田温泉も室町時代にはすでに栄えていたそうですから、どんな人たちが温泉に浸かったのだろうかと想像するだけで楽しい気持ちになります。


湯田温泉駅には、めちゃくちゃでっかいキツネのモニュメントがありました。


平屋の駅舎の倍くらいの高さだったような(実際に高さ8メートルらしい)。
湯田温泉は、怪我をした足をお湯に浸けた白狐を見た和尚さんにより発見されたという伝説があるそうで、だから白狐がマスコットとして使われているんです。
でもね、名前は「ゆう太」。
女の子のキャラもいて、そちらは「ゆう子」。
せっかくのマスコットなのに、どこにでもいそうな名前をつけちゃだめだと思うんですけどねー。
「ゆうた」や「ゆうこ」っていう名前の嫌いな人が知り合いに居たら、このキツネのキャラのことは好きになれませんもの!





かの有名な詩人・中原中也は、ここ湯田温泉の出身なんですって。
16歳で京都の立命中学に編入後、30歳の若さでこの世を去るまで湯田温泉に戻ることはなかったそうですが、亡くなる前に書かれた手紙や詩の中に、湯田温泉に戻る意思があることが書かれていたそうです。
…というようなことを、中原中也記念館で学びました。





また、YCAM・山口情報芸術センターというところにも行きました。


ここ、超おススメスポットです。
図書館や劇場、ミニシアター、展示スペースからなる複合文化施設で、驚くほど最先端の芸術を楽しむことができます。
少し前に放映されていた中田英寿さん出演のレノボのCMでも、この場所で作製された作品が使われていました。
リンクを貼っておきますので、ぜひご覧になってください。
【Lenovo/DO.MAKING】 #4 KOTOBA PARTICLE




この日の宿泊は、松田屋ホテルという、大変にすんばらしいところに泊っちゃいました。
かつては桂小五郎、大久保利通、西郷隆盛が会見をした場所でもあるんですって。

お食事の一部を写したもの。美味しかったという言葉では足りないくらいの美味しさでした。





食後には、どうしても行きたかった瑠璃光寺に連れて行ってくれるというので、イケメン若旦那・美人若女将と行く!ナイト観光バスというバスツアーにも参加してきました。
イケメンかどうかはさておき、ちゃんとバスガイドさんもいる豪華な観光バスでのナイトツアーでした。

最初に向かった山口市菜香亭は、明治に誕生した料亭で、現在は観光施設となっているところです。


山口県ってところは、伊藤博文から数えて8人の総理大臣を輩出しているところなんだそうですが、歴代総理が利用した政治料亭なんだそうです---政治料亭なんて言葉、初めて聞きましたが。




かつて使用されていた食器類が多く展示されていました。





大広間。
何百人っていう人数で宴会ができちゃいます。







大広間には、その歴代総理の書が飾られています。
こちらは安倍晋三元総理のもの。


ここに書を飾ることが、政治家の夢でもあったんですって。




現在では文化施設として一般に貸し出され、ケータリングを頼めば宴会もできるんだとか。


宴会をしたいかどうかは別にして、一見の価値ありです。




この日の最後、やっと国宝・瑠璃光寺の五重塔を拝むことができました。


評判通りの美しい塔でした。









盛りだくさんの第3日目。
日記も長くなっちゃいました。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

ちなみに、最終日の4日目も、かなり盛りだくさんです♪


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/663-7ff1818c

Comment

*gem-U*

>イケメン若旦那・美人若女将と行く!ナイト観光バス
(笑)いろんな企画がありますね。
それにしても本当に盛りだくさん。拝見していてとても楽しいですv-20
夜のお寺。。。。なかなか見る機会が無いですし
なんだかミステリアスですね。
最後の写真の青のつよいグリーンがきれいですね。( ´艸`)
朝からお寿司とか、高級なお料理って
旅先ならではですもんね☆
本当においしそう。(o^~^o)
  • URL
  • 2011/09/01 16:23
  • Edit

さと

もうため息まじりで眺めてます(笑)
写真もお料理も景色ももうすべて美しい!!
さすがshiolly さんだと感心して見ています。
私も山口(地味だけどね)を旅したいなとこれを見て思いました。
また色々と教えてね♪
  • URL
  • 2011/09/01 20:24
  • Edit

ハッセルじいちゃん

こんばんは!
唐戸市場のお寿司 すごく賑わって、僕も食べたいです。
ここの白キツネは8mもあるんですか。
先日 信楽へ行きましたが、駅前にある電話BOX形のたぬきは5m位でした。
ゆう太にゆう子? 京都にも「夕子」が^^

鶴の柄の漆器 高そうですね。
はたして 鑑定やいかに!

shiolly

自分たちを揶揄するのは勝手だけれど、もうちょっと素敵なネーミングにしてほしいですよねー。
でもこのツアー、500円だったんです!
湯田温泉全体で、なにかを模索中って感じでした。

瑠璃光寺は、次はぜひお昼間に見たいです。
いつどの季節に見ても、素敵なんですってw

あ、そういえばこの日は、お昼御飯は食べてないんですよー(←なぜ言い訳?!)
さすがに食べすぎな日々ですから。
  • URL
  • 2011/09/02 08:29
  • Edit

shiolly

山口旅行、超おススメです。
新幹線であっという間ですし、行った先の交通手段は考えないとですけど、道がよいので運転好きのさとさんなら困ることはないでしょう!
お料理も素材が良いので、京都よりおいしいかもww
また絶対に行こうと心に決めています。
  • URL
  • 2011/09/02 08:31
  • Edit

shiolly

まさに巨大!でした。
ここまでやる度胸があるのに「ゆうた」「ゆうこ」じゃねぇ・・・と思うのですが。

唐戸市場の賑わいは、もしかするとこの日は特別だったかもわかりません。
夜は下関の花火大会で、市場も次の日からお盆休みという日でしたので。

鑑定団は存続されるようで、嬉しいですよね☆
菜香亭は、庶民とセレブの格差を思いっきり感じさせてくれる、気持ちの良い場所でした。
  • URL
  • 2011/09/02 08:34
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。