スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葵祭2011 その2

葵祭の続き。
今回は女人行列を中心に載せます。


9




10 真ん中の女性が、斎王代




11




12




13




14




15




16




女人行列はとにかく美しく、呼吸ができなくなるかと思うくらい、興奮しました。
なので、どの写真にも、あんまり工夫がありませんね。
シャッター押すのに必死で、考える余裕がなかったということでしょう。





Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/650-5037828f

Comment

ひおいん

13番がいいですねー。
葵祭の見所はやっぱり行列の美しさなんでしょうかね。
その点、上賀茂神社のコースは最適ですね。
  • URL
  • 2011/05/18 22:15

grace

また深夜になってしまった(;´∀`)

13番&14番が好きです

どちらかに絞ると、、、(難しいけど)
14番かな。。。

お顔の表情を色々想像しちゃう
なんかそういう想像する部分を残してくれる感じのが好きらしい


でも本当に全部綺麗だね
和服系はやっぱり後姿だよね~
これ生でみたら私も興奮してただろうなぁ

shiolly

葵祭はとにかく美しいですよねー。
ひおいんさんは、ずっと京都の方なのかな?
よその土地では、ぜーったいに見られないものですよね。
上賀茂神社は(御所もだけど)、場内に流れるアナウンスには毎回辟易しちゃうけど、あれはあれで京都らしくて良いのかもなと最近思うようになりました。

shiolly

ぜひ一度見に来てくださいな。
ほんっとに、呼吸困難になるくらい、興奮するから!
こんな世界があるのね、と、震えもきますよー。

14番は、何と言っても色が綺麗ですよね(元の着物の)。
こんなに素敵なお着物着られる女性達が羨ましいわ。
一日歩くから大変でしょうけど。

*gem-U*

雅でとても雰囲気がありますねぇ☆
一日あるくんですか!綺麗ですが
大変なお仕事ですね。
( ̄ロ ̄;)
わたしは15が好きですね♪
  • URL
  • 2011/05/22 17:52
  • Edit

shiolly

もちろん途中で休憩はあるのですが、かなりの距離を歩かれるんですよー。
それをこの衣装で歩くのだから、大変なんでしょうねぇ・・・。
15番の女性の装束は、「采女」です。
パンフレットによると、斎院の神事を司る女官で、地方の豪族の娘から選ばれていたんですって。

一度ご家族で、観にいらしてくださいね。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。