スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン版「エリザベート」を観ました。

  • 2007/04/30 15:39
  • Category:
GW初日、「エリザベート」というミュージカルを観てきました。
「エリザベート」はウィーンで作られたミュージカルで、初演は1992年。
日本では1996年の宝塚歌劇団が初演。
2000年からは東宝版がスタートし、一般への認知度も高くなってきたというところでしょうか。
宝塚版も東宝版も何度か観ましたが、今回のこのウィーン版は驚きと感動の連続でした。
http://www.umegei.com/erz/main.html

エリザベートは実在の王妃で、彼女が人生にわたり愛していたのは『死(トート)』であった、という視点から描かれている一風変わった作品。
“死”がテーマですから、舞台は暗く怪しい雰囲気が漂います。

宝塚版、東宝版ともに、始めから終りまで美しい世界が展開されます。
『ヨーロッパのお姫様』と聞くと、マリー・アントワネットや“ベルサイユのばら”の世界を思い浮かべる方が多いと思いますが、その想像したものがそのまま舞台になった作品であると言えます。
素敵な衣装に豪華なセット、もちろん瞳にはお星さまがキラキラ…。
お姫様はお姫様らしく、ちょっとわがままで誰よりも美しい。
死を具現化した存在である黄泉の帝王・トート閣下は美形で、女の子ならキャーキャー言わずにはいられない存在。
まさに少女マンガの世界…!!

ところがっ
ホンモノであるウィーン版は、かなり現代的な作品でした。

まずは、登場人物の描き方ですが。
エリザベートは美しく圧倒的な存在ですが、同時にわがままで醜い部分もしっかりと描かれています。
トート閣下はなぜかアメリカンな(ちょっと茶化したような)雰囲気で、“死”そのものに対する、日本人とヨーロッパ人のイメージの違いを改めて感じさせられたりもしました。

なんといっても驚いたのは、舞台装置が斬新なことです。
なんだか“ベルサイユのばらを現代アートの美術館で上演しちゃいました”という感じ。
お天気な空にびっくりマークの雲がドカッとあったり、宮殿のセットに大きな矢印がついていたり、突然派手なライトで照らされたり。
お衣装も基本は素敵なのですが、緑色の鎖のようなものがついていて、ちょっと気味が悪かったり。

でも作品全体を覆っている大きな違和感が、登場人物の存在そのものにリアリティを与え、エリザベートをはじめ登場人物の心が浮き彫りになっていると思いました。
登場人物の心の葛藤に、私の心も激しく揺さぶられます。
いやあ、もうほんっとに大感激でした。

同時に、宝塚歌劇団がした大仕事に改めて感嘆させられました。
宝塚版とウィーン版は、同じ作品か?と思うくらい、違うのです。
宝塚版は、宝塚ファンに、日本人に受け入れられるように大きく脚色されており、それを12年間上演し続けてきたからこそ、ウィーン版の良さがわかるのだなあと思うのです。

梅田芸術劇場でのウィーン版「エリザベート」は本日で終わりですが、このあと東京の新宿コマ劇場でコンサート版が上演されます。
あの斬新な舞台装置が使われないのは残念ですが、抜粋ではなく全編上演とのこと。
まだチケットあるみたいですよ~。
http://www.koma-sta.co.jp/events/0705/index.html

ブログランキング・にほんブログ村へ



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/60-36e0b972

Comment

88鍵奏者

ウぉ~!
何だか凄い大掛かりな舞台みたいですね!
音楽はどうだったのかな?
気になるところですね・・・。
  • URL
  • 2007/05/01 16:37

いくっち

え~な~ぁ。
エリザベート、宝塚での初演を見たときには
こんなに長く上演されるとは思いもよりませんでした。
東宝版でイチロちゃんを見たときも、宝塚初演を思い出して感慨深かった。
けど、ウィーン版とは…格上の印象でございますですよ、奥様^^
  • URL
  • 2007/05/01 21:34
  • Edit

shiolly

*88鍵奏者さんへ
音楽もとっても素晴らしいのですよ。
今回は特に、オケもウィーンから来ていたので、尚更でした。
やっぱり本場の人が演奏すると違いますね。
音が軽くて、心地よかったです。




*いくっちへ
機会があれば、東京版観に行ってね。
やっぱり違うよー。
でも、これからもイチロさんにも頑張って欲しいなと思ったよ。
私ね、勢いでウィーン版のDVD買っちゃった。
全編ドイツ語、字幕なし。
どーするつもりなんだ、私は。

いくっち

やっぱりこの機会にドイツ語習得でしょう~。笑。
  • URL
  • 2007/05/02 21:21
  • Edit

shiolly

*いくっちへ

私も本気で検討中よ~♪

  • URL
  • 2007/05/03 16:11
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。