スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ピアノ演奏]モーツアルトのロンド ニ長調 KV485

  • 2007/04/25 23:46
  • Category:
モーツアルトのロンド ニ長調 KV485 を弾きました。
この曲は子供のころに習ったものですが、とてもかわいらしい曲なので、大人になってからもずっと耳に残っていた曲です。

昨年はモーツアルト生誕250周年ということで、あちこちでモーツアルトの演奏会があったり、テレビでもしょっちゅう話題になっていましたね。
私の大好きなジャズピアニストの小曽根真さんも、 モーツアルトのピアノコンチェルト第9番「ジュノム」に挑戦し、その演奏は何度もテレビで放映されていました。
私は宮崎国際音楽祭に赴き、生演奏を聴いてきました。
小曽根さんは作曲家でもあるので、「小曽根さんはモーツアルトはどんな人だったと考えますか?」と訊ねたことがあります。
すると「音楽が行きたい方向に曲を作る人だと思う」と答えてくれました。
「とにかく気持ちの良い方向にいくことだけを考えてる」と。

一般的にモーツアルトの音楽は演奏が難しいといわれていて--それはモーツアルトの曲があまりにシンプルで美しいからだからなのですが、だから小曽根さんの答えはかなり意外で、理解が深いのだなあと思わされました。
私もモーツアルトは好きではないと思っていたのですが、小曽根さんは「気持ちが良い」と言うし、よくよく思い出してみると、子供のころに好きだった曲にモーツアルトはとても多く、ちらっと弾いてみると確かに楽しい。
なるほど、楽しい方向へと音楽が流れていく。
こりゃあ、もう一度全部弾けるようにならなくちゃなあと思い、あれこれリストアップしてます。

とまあ、長々前置きをしたうえで聴いていただくほどのものではありませんが、今の私の精一杯の演奏を録画しました。
よろしければ聴いてやってください。
単調に聴こえるのは、デジカメのマイクが悪いから、という理解の下、広い心で聴いてくださると嬉しいです!

※今回は暗譜じゃないので、私の華麗なる(?)譜めくりつきです。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/58-966fc45e

Comment

88鍵奏者

華麗なる演奏&譜めくり堪能いました♪
素晴らしいです!!
私は昔この曲で挫折した覚えがあります(笑)
改めて聴くとシンプルで美しい曲ですね~。
きっとshiollyさんの演奏が素晴らしいからなのですネ!

ところで、小曽根真氏は私も大好きなピアニストなのですが、先日あるTV番組で、今までの演奏キャリアを捨てて改めて学校に入学してクラシックピアノを勉強し直したという話をしていました。
あれだけの演奏家ですので、そのキャリアを捨てまで勉強し直すとは・・・
と、尊敬を新たにする私でした!
  • URL
  • 2007/04/26 03:49

shiolly

*88鍵奏者さんへ

ほんとにいつもありがとうございますe-330
褒められて伸びる子ですから・・・。
でもほんと、いい曲なんですよ~。

小曽根さん好きなのですね! 嬉しい!!!
私は小曽根さんの追っかけなんですよ。笑。
今年も宮崎国際音楽祭に行ってまいります♪

さて、確かに小曽根さんはクラシックの学校に通ってました。ほんの数年前です。
それまでももちろん超絶技巧なピアニストでしたが、クラシックの世界にしっかりと足を踏み入れることで音が安定し、
さらにさらに高いところへ登っていっちゃいました。
小曽根さんにとって最も大きな勝負は、1999年(98年だったかな?)にニューヨークへ移住したことみたいです。
私は幸運なことに、ニューヨークへ行く少し前の小曽根さんにお会いしてるのですが、
初対面の人間に対しても、いかに大きな決断だったか、どれだけ妻が後押ししてくれたかを懇々と語ってくれましたョ。

小曽根さんのことになると話が尽きないので、また改めて書きます~。

そら

はじめてこちらへお邪魔いたします。
モーツァルト聴かせていただきました。
丁寧にお弾きになってますね♪
私は昔、古典もので挫折しているので苦手意識があって今は全く弾きませんが、いいもんですね(*^-^*)
またちょくちょくお邪魔いたします♪

はる

演奏、譜めくり、ともに華麗ですね~!!前のハイドンの演奏でもそうですが、shiollyさんの演奏は全然ミスが無く美しいです!見習わなきゃ・・・。
  • URL
  • 2007/04/26 23:53

里奈

音楽の詳しい事は分からないのですが^^;楽しませて頂きましたよ♪♪いいな~好きな曲を自分で弾けるって素敵です^^

ところでshiollyさんは京都永住でらっしゃるのですか?

Crow

すごいじゃん。

左手と右手の音のバランスがもっとよくなると、さらにいいと思います。右利き?ですよね。仕方がない面はあるのですが。左手だけでもモーツァルトになるか、です。これ、プロの課題ですかね~

お姉さま、またミュージカル再演されるのね!! 今度こそ見なきゃ。
  • URL
  • 2007/04/28 01:31

Crow

左手と右手の、手の置き方が違いますよね。

右手のほうが手のポジションが高く、左手は、鍵盤より下にポジションがあるの。それで低音の音がいまいち澄まないと思います。

左手が弱いという意識があって、それで力で引こうとしてしまうのかしら?

調律はされたようですねw でもまだ気になりますw すまんのう、うざいコメントで・・・
  • URL
  • 2007/04/28 01:39

shiolly

*そらさんへ

演奏聴いていただいて、ありがとうございます。
ちょっと恥ずかしいです。
私は私で、好きな曲を好きなように弾いていきたいなあと思ってます。
たまには古典も良いですよん。




*はるさんへ

うそー。ミスしてるよーーー。
でもほんと、ありがとうございます。
お互い、がんばりましょうね!




*里奈さんへ

聴いてくださってありがとうございます。
「楽しませて頂きました」っていうのは、一番嬉しい褒め言葉です。

京都は永住に近いです。
あと30年は居る予定かな。。




*Crowさんへ

バランスねぇ…。
自分で弾いているのをナマで聴いている時は、もうちょっとバランス良いと思ってたのだけど、
録音したものを聴いてがっかりだったの。
デジカメの置いている位置とか性能とかにも影響されてるの?と慰めてるところよ。
左手、頑張らないとだねー。
ポジションも気にしてみるね。

調律も気になるよねぇ。
このピアノ、ヤ○ハの中古だけど、弦はスタ○ウェイ製の新品なのね。
ピアノとしてはまだまだ調整中なのよ。
調律してもすぐ音が狂うので、狂って合うように、調律時にはわざと狂わせてある(ややこしいな)。
おうちピアノだから、今最高というよりは1年後も耐えられるタイプの調律になるんじゃないかなと。
ただ、今調律してもらってるのは、ピアノを作ったのとは別の人なので、私としても評価中です。

姉の舞台、東京は自分でチケット取れるのかな?
旅公演のみだと、どっかの労演に入らないと難しいかも。
なんか、ややこしいんだけどねー。
絶対観てほしい公演よ。

Crow

低音部の音のにごり。これが清澄になれば、100倍よくなると思うが・・・ ピアノって不思議な楽器で、きちんと音を出そうと思うよ、きちんと出なくなるww

あきらかにYAMA○Aの音。Kではない。で、絃がS社なの? なんだかリッチに聞こえるが、ピアノにしてみれば迷惑かもよ。政略結婚みたい。ほんとややこしいねw

チケットは取れると思うけれど、知ったのが昨晩だったのです。空いている日にいろいろ舞台モノを見にいく予定が入っているのよ・・・なんとかします!!

本気でピアノやってみるのも手かもよ。
  • URL
  • 2007/04/28 11:06

shiolly

*Crowさんへ

いろいろありがとねぇ。
ピアノはがんばるよ。
どのくらい本気かは、よくわからないけど。

パンちゃん

こんばんは~ 私のブログにご訪問・コメントして下さってありがとうございました。
間もなく終了するブログにコメントして下さるなんて感激です

モーツァルトの演奏 聴かせて頂きました。しっかりとした演奏で素敵です。 いいもの聴かせて頂きありがとうございます。
発表会頑張って下さいね!
  • URL
  • 2007/04/29 01:13

shiolly

*パンちゃんへ

コメントありがとうございます。
パンちゃんの演奏も聴いてみたかったな。
またブログを再開する際には、ぜひ教えてください!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。