スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 『 西本願寺 御影堂 』 その2

西本願寺撮影会の続きです。
せっかく組写真の勉強をしたので、次回も組写真で提出したいなぁと考えています。
組写真のテーマは、「初めてのお寺詣り」
外国人を撮っただけ?!って気もしますが、8番は日本の子供なので・・・。




7 暗いお堂を不安げに覗く子ども





8 この子は絶対、探検中なんだと思います





9 何を見つめているのか?





10 何に気を取られているのか??





11 金髪の美女と金の飾り





12 こちらは東本願寺で撮影しました




写真からおわかりいただけると思いますが、西本願寺は外国人だらけでした!
みなさん、何を目当てにやってきているんでしょうかねぇ・・・。




13 単写真。こんなのも撮った、ということで。





よろしければ、ご意見をお願いします♪
お教室は次の金曜日。
頑張って6枚を選ばなくっちゃ。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/554-8b871dc6

Comment

さと

これくらい大きく撮るとその外人さんの気持ちが伝わりますね。
私は積極性がなかったなぁ・・・もっと近寄れば良かったわ(苦笑)
作品は7番が好きです~
ママが大丈夫よって言ってるみたい。子供さんの顔が見れるともっと良かったでしょうけど後ろ姿でわかるよね。

  • URL
  • 2009/09/27 21:24
  • Edit

shiolly

7番の写真は、縦位置で撮ったものを、横位置にカットしたんです。
男の子のオムツが丸見えだったので。
でもこのほうが、会話が感じられて良いかなと思いました。
さとさんにも感じてもらえたようで、嬉しいです。

こもれび

特に7番と11番が好きです♪
毎度の事ながrら、センスのよさがキラリと光っていますね(^^)
  • URL
  • 2009/09/27 23:49
  • Edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/09/28 11:11

shiolly

やっぱり7と11ですかー。
ウフフ、意見が一致して嬉しいです。

shiolly

コメントをありがとうございました。
13番は、きちゃない扉越しに写したので、これ以上お見せすることはできないかもです。

またぜひ、コメントくださいね!

本願寺太郎

何を目当てに、って、世界遺産やんか、お西さんは。
それに、御影堂は世界最大級の木造建築。
特に木造建築で建物の奥行きを深くとるのは難しいが、御影堂は幅62m、奥行き48mやで!
中国最大の木造建築『紫禁城太和殿』でも奥行き37mやのに。
韓国なんか、奥行き方向に柱が7本以上の建物は全く無い。
それほど御影堂や阿弥陀堂は立派なんやで!
  • URL
  • 2009/10/11 01:34

本願寺太郎

奥行き方向に伸ばせたんは、屋根と建物の下の構造が全く別やから。日本独特の建築やで。
古代の建物は基本的に奥行き方向は短いんや。唐招提寺も、奥行き方向の柱は6本が最大で、韓国と同じや。屋根と建物が一体やから、横に伸ばせても奥行きは伸ばせない。
ほら、三十三間堂も、横は126mやのに奥行きは16mしかないやろ。
そんだけ奥行きを伸ばすのは木造建築では難しいんやで。
それをやり遂げたのが屋根と建物を分離させた日本独特の建築で、その最高峰が西本願寺御影堂なんや!

  • URL
  • 2009/10/11 01:43

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。