スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 『ガーデンミュージアム比叡』 その1 と 『閑臥庵』

今日は写真教室の撮影会がありました。
場所は比叡山の山頂にある、ガーデンミュージアムというところ。
私たちは車で行ったのですが、比叡山ドライブウェイの山道&カーブがとっても辛く、到着したときにはすっかり車酔い…。
次は電車で行こうと心に決めたところで、撮影会のスタートです。







・・・と、その前に、まだ前回の勉強会の報告をしていませんでした。
全体的にイマイチな写真だったため、先生のコメントもさらっとって感じでしたから、ここでさらっと報告しちゃいます。




○ この2枚は、おんなじような写真を撮った方が何人もいらっしゃったし、特に個性的でもなかったです。残念・・・

 




○ こちらの2枚は、「ちょっと寂しいなぁ」と。主役がないんですよねぇ・・・。

 




○ この2枚は、まあまあの評価。燈篭が一個だけ映っているほうは「雰囲気は良いけど、赤い敷物があまりきれいじゃないのが残念」とのこと。先生は、写真の隅々まで目がいくんですよね~。

  




今回は、ちゃんと表紙を作りました。
これは、自信作っ。 だって、私の撮影したものじゃないしぃ。笑



同じお教室の先輩カメラマンさんに撮って頂いちゃいました。
とっても美人に撮ってくれちゃって、光栄でした。
お見せできないのが残念でーす。




長ーい前置きになっちゃいましたが、ガーデンミュージアム比叡の話に戻りますw
比叡山の山頂とは思えないくらい、素晴らしい場所でしたが、今日はすごい霧!
「この霧を生かして撮影しましょう」と先生はおっしゃるけれど、それはそれで難しいです。




1. 





2. 





3. 





4. 3の逆側





この4枚は、あまり作品的ではないかな。
次回は、もうちょっと違うタイプの写真をアップできると思います~




明日は、ピアノを頑張って来まーす。



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/536-189ac06d

Comment

さと

shiollyさん車酔い大丈夫でしたか?
前の車がゆっくりだなぁと・・思って途中からアッお二人だって気がついてね。
いつもの通勤道ですがクルクルカーブだらけです・・・

霧のガーデンミュージアムは素敵でしたね。
1ヶ月位季節が遅いのね。
まだバラも紫陽花も綺麗でした~
作品になりそうなもの・・は難しいけど十分楽しめました。年間パスポートも買ったことだしこれから遊びにいきます。
夕涼みにはピッタリね!

今日のピアノ頑張ってね!
  • URL
  • 2009/07/19 11:45
  • Edit

shiolly

私がどうしても酔っちゃうし、夫も山道はあまりなれていないので、ノロノロ運転でした。
後ろの車がさとさんだとはすぐに気付いたのですが、抜かしてもらえるような場所もなくて・・・。
帰りは何台にも抜いてもらいながらの下山でした。

ガーデンミュージアムは、びっくりするぐらい素敵なところでしたねー。
8月に入ったら、夜のライトアップに行こうと計画しています。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。