スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWは音楽ざんまいっ

すっかりご無沙汰しちゃいました。
皆さん、お元気ですかー?
ちょっと古くなってしまいましたが、GWの話題を書きますね~(チト、長いです)。

昨年に引き続き、今年も東京国際フォーラムで開催された、ラ・フォル・ジュルネに行ってきました!
去年の記事はこちら・・・その1その2

今年のテーマは「バッハとヨーロッパ」。
5月3日から5日までの3日間の期間中、私たちは5つの公演を聴くことができました。
(ちなみに、去年までは6日間開催されていたのですが、不況の影響で3日間に短縮されちゃったのです

今年もお目当ては、ピアニストの小曽根真さん。
運よく小曽根さんが出演される3公演のチケットを手に入れることができ、本当に楽しみに出かけました。


■5月3日(日) 

9:45-10:30
J.S.バッハの作品にもとづく即興演奏

小曽根真(ピアノ)
中川英二郎(トロンボーン)




曲目はこちら



朝イチのコンサートということで、どうなることやら…と思っていたのですが、最初のソナタで気持ちよく目を覚ましていただいた、という感じです。
一楽章はあくまで楽譜通りの静かな演奏、二楽章の途中から即興演奏が入り、三楽章で爆発っという流れでした。
どの曲も素敵でしたが、印象的だったのは「メヌエット」ですねぇ。
誰でも知っているあの「レーソラシドレーソッソ」から始まって、どんどん展開していく様子は圧巻でしたねー。
写真には載っていませんが、アンコールはモンティの「チャルダッシュ」でした。
数年前に浅田真央ちゃんがフリーの曲として使用し、有名になったあの曲です。
バイオリンで演奏しても超絶なのに、それをトロンボーンでやってくれるのだから、驚きでした。



21:00-23:00
ルネ・マルタンの"ル・ク・ド・クール~ハート直撃"コンサート

ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン)
オーヴェルニュ室内管弦楽団 / アリ・ヴァン・ベーク(指揮)
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1042
***
ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
ブリジット・エンゲラー(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア / ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)
J.S.バッハ:2台のピアノのための協奏曲 第1番 ハ短調 BWV1060
***
小曽根真(ピアノ)
中川英二郎(トロンボーン)
J.S.バッハの作品にもとづく即興演奏
***
ストラディヴァリア/ダニエル・キュイエ(バロック・ヴァイオリン、指揮)
J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV1048
***
カルロス・メナ(カウンターテナー)
リチェルカール・コンソート / フィリップ・ピエルロ(指揮)
ヨハン・クリストフ・バッハ:独唱カンタータ「ああ、私の頭が水で満ちていたな
ら」
J.S.バッハ:独唱カンタータ「満ち足れる安らい、うれしき魂の悦びよ」




ずらずらっと出演者の名前が書いてありますが・・・。
実はこのコンサート、もともとはヘンデルの「メサイヤ」が予定されていたのですが、直前になって「メサイヤは上演できなくなった」との通知があり、上記のような内容に変わっちゃったんです。
「メサイヤ」を聴きたくてチケットを取ったのに、演目変更なんて信じられなーい、と怒っていた私たちですが、変更後のプログラムに小曽根さんと中川さんのお名前があるではありませんか!
ならいいかー、ということで聴いたのですが、次々といろいろなオケが出てくるこのコンサートは、実際のところかなりおいしく、楽しいものでした。
小曽根さんたちも素晴らしかったですし。

運営側に対して言いたいことはたくさん思いつくけれど(出演が確定できてないのにチケット発売するなー、とかネ)、満足したからやめておきます。
って、書いてるか。笑





■5月4日(月)

17:15-18:00
J.S.バッハ:2台のピアノのための協奏曲第1番 ハ短調 BWV1060
J.S.バッハ:2台のピアノのための協奏曲第2番 ハ長調 BWV1061
J.S.バッハ:3台のピアノのための協奏曲第1番 ニ短調 BWV1063

児玉麻里(ピアノ)、児玉桃(ピアノ)、小曽根真(ピアノ)
シンフォニア・ヴァルソヴィア / ジャン=ジャック・カントロフ(指揮)




ほんっとに申し訳ないなぁと思いつつも、ほっとんど寝てしまった最初の2曲。
やっぱりバッハのみっていうのは、大変ですっ
でもでも、やったことある人はご存じだと思うのですが、クラシックの演奏会中に寝るのって、最高に気持ち良いんですよねぇ。
空調最高だし、寝ても覚めても良い音楽に身を包まれているという贅沢…。
その贅沢を、存分に味わったコンサートでした



22:00-23:15
J.S.バッハ:ゴルドベルク変奏曲

小山実稚恵(ピアノ)




うちの夫が大好きなゴルドベルク変奏曲を、あの小山さんで聴ける!!ということで取ったチケットでしたが、演奏は、、、うーーーーーーむぅぅぅ。
ちょっとコメントしにくいんですよねぇぇ。
小山さんは、この曲、好きじゃないのかなあ・・・





■5月5日(火)

10:00-10:45
バッハの作品をもとに変奏・即興演奏

小曽根真(ピアノ)






またまた朝から小曽根さんっ。
インベンションにイタコン(イタリアン協奏曲)に平均律クラヴィーアなんて、まるで音大の試験みたいなプログラムですが、なにせ小曽根さんですからねぇ。
驚くほどロマンチックでメロディックな演奏ばかりでした。
しかもですね、ゲストにトロンボーンの中川さんと、ピアノの児玉姉妹も登場して、即興演奏のおまけつき。
一台のピアノに3人が座り、(レ・フレールの二人がやるように)場所を入れ替わりながらの演奏は、見ていても聴いていても楽しいものでした。
中川さんとのデュオの時にも思いましたが、小曽根版「G線上のアリア」は、原曲を超える美しさです。
これからも、演奏し続けて欲しいなぁ




ゴールデンウィークの過ごし方として、ラ・フォル・ジュルネに出かけるというのは、最高だなぁと思っています。
素敵な音楽がたくさん聴けるだけじゃなく、空いている都会で遊べるし、小曽根さんにも、小曽根ファン仲間にも会えるんですもの!
今回は特に久しぶりにお目にかかれた方たちが多く、とっても嬉しかったです。

ラ・フォル・ジュルネ、来年のテーマは「ショパン」だそうです。
いよいよショパンか~。
ショパンってピアノ曲は素晴らしいけれど、ピアノ以外の楽器の人にとって良い曲ってあるのかしら??
うふふ。
今からとっても楽しみです




Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/510-3a14d59c

Comment

Halumi

一番乗り~w
フォルジュルネ、楽しかったですね。
小曽根さんのピアノを聴くのは幸せですが
こうやって同じ時間を共有できる仲間がいるって
ほんとうにすてきです。
曲目の掲示があったのですね。知らなかった。
アップして下さったので当日の演奏をしっかり思い出せて良かったです。

ブログをさがしてくれて ありがとう!
優しいダンナさまに宜しくお伝えください。

さすけどん

今年のGWも、音楽三昧だったのね♪

3日間も思う存分、好きな音楽に浸れるなんて
最高の連休だったんじゃないかしら?
それに、ファン仲間の方達とも沢山会えたようで
喜ぶshiollyさんが目に浮かぶようだわ。(^-^)

ふふ。来年以降もshiollyさんちのGWは
ラ・フォル・ジュルネに決まりかな♪
  • URL
  • 2009/05/11 14:25
  • Edit

shiolly

わーい、ありがとうございますw
ほんとに楽しいイベントですよね。
小曽根ファンも、去年よりも多くいらしていたようで、より楽しかったです。
Halumiさんにもじゃんじゃん声かけますので、よろしくお願いします~。
夫を覚えていてくださってありがとうございます。
確かに彼は、なにも変わってないですよねー。笑
  • URL
  • 2009/05/12 10:02
  • Edit

shiolly

いつもありがとうw
本当に楽しいGWだっったよん。
好きなものに囲まれる日々って、最高に幸せだよね。
来年も、もちろん行っちゃおうと思ってます。
お金ためて、良いホテルにも泊まりたいぃ。

  • URL
  • 2009/05/12 10:03
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。