スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 『吉田祭』 その1

奈良は平城宮跡の撮影会からあっという間に一か月が経ち、今日は4月の撮影会でした。
場所は京都大学のすぐ隣にある、吉田神社というところ。
吉田神社は2月の節分祭が有名で、真冬の一番寒い時期の夜のお祭りなのに、大勢の人で賑わう神社です。

今日開かれた吉田祭は、節分祭とは打って変っての、厳かな雰囲気の中で執り行われる祭儀でした。
一般に宣伝されているようなものではないので、観光客はほとんどおらず、正装した美しい宮司さんと、礼服の列席者を私たちお教室の人が取り囲むという、ちょっと申し訳ないような感じの撮影会となりました

例祭の後半に奉納される「倭舞(やまとまい)」が一応の目的だったのですが、一般人は建物の中には入れてもらえないので、下の写真のような状態で、撮影しなくてはいけません。



先生や報道カメラマンや我慢強い人たちは、早くから一番前で場所取りされていたけれど、私はじっとしていられないタイプなので、あっちこっちふらふらしながら、時々覗きに行って撮影する、という感じでしたね~。

ちなみに、今日の京都新聞のサイトに、このお祭りのことが出てます。
ここに載っている写真を撮った方とも、押し合いへしあいしてきましたよ~。笑

古式ゆかしく倭舞奉納  左京・吉田神社 (京都新聞の記事)




さて、私の作品ですが…、なんていうか、大変です。
300枚くらいは撮ったものの、勉強会に必要な「6枚」を選び出せそうにありませんっっ
とりあえず、なんとかなる可能性のものをピックアップしてみましたが、どーでしょか…。
なにかご意見いただけると嬉しいです!






















一年に一回、たった一時間だけ執り行われるものの撮影って、とにかく大変。
写真を撮るためには、体力、集中力、技術、センスのすべてが必要なのだなあと思わされた一日でした。



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/507-087c3aea

Comment

さと

お疲れ様でした~
厳かな雰囲気のお祭りでした。
写真としては私はとても難しくてどう撮ればいいのかまた分からなくなりましたよ。。。

shiollyさんの写真素敵です!
若葉をこういう風に取り入れれば良かったわ(笑)
倭舞の足袋がユニークで面白かったですね。
あぁほんとに毎回苦戦してます…私。
  • URL
  • 2009/04/19 06:31
  • Edit

としちゃん

shiollyさん、撮影会お疲れ様。
すぐにブログにアップするの、さすがですね。
宮司さん、こんなにたくさんいるのですか。
足元をねらった写真が面白いですね。
倭舞というのを一度見てみたいわ。
  • URL
  • 2009/04/19 07:35
  • Edit

m_maririn

最近、ご存知のとおりすっかり雑貨熱急上昇でいたのですが
shiollyちゃんとこおじゃまして、あらためて「和」の雰囲気も素敵だわ~って感じちゃった
ありがとね

どの作品も素敵だけど、三枚目が動きがあって好き♪
デザイン学校でデッサン&絵本作りのときに習ったんだけど
人の向いている方向の空間を多くあけるのだってねー
この三枚目、ソレが生かされていて、動きがあって、これから何をするんだろーって想像がふくらんじゃうナ
写真と絵では違うのカモなんだけど、私的にこれに一票で~す♪

shiolly

どれも素敵なお写真ですね。
私の好きなのは3枚目と5枚目です♪

私も隙間から撮っていると惨めになってきて、あっちこっち徘徊していました(^^)

  • URL
  • 2009/04/20 20:42
  • Edit

shiolly

土曜日はゆっくりお話できず、残念でした~。
私たちは、先生やお教室の方たちとランチしちゃいました。

2枚目の若葉は、石の階段を上ったら見えてきました。
紫と水色の組み合わせが斬新で、この3人ばっかり追いかけちゃいましたよ。

さとさんの作品&結婚式写真、とても楽しみにしています!
  • URL
  • 2009/04/20 23:06
  • Edit

shiolly

今回の撮影会は、やり直しがきかないので、キツイです。
私の写真に写っている人たちは、もしかしたら宮司さんではないかも知れません。
なんていうんだろ、檀家の代表みたいな感じでした。
倭舞は、源氏物語のあの踊りを思わせる舞でしたよ(せいがいは、でしたっけ?)
二人の男性が、見事に舞ってらっしゃいました。
枚の写真は、ちっともうまく撮れませんでしたが。
  • URL
  • 2009/04/20 23:09
  • Edit

shiolly

京都はもちろん「和」の場所なので、東京では見つからないような和雑貨で溢れかえってますよー。
すっかり和物好きになりました。

人の向いている方の空間を広くする、というのは、写真でも同じみたいです。
以前、顔だけそっぽを向いている写真を提出したら、「これは難しいでー」って言われましたから。
ただ靴を履いているだけのシーンなんですけどね、ユニークな感じに撮れて、嬉しかった一枚でした。

  • URL
  • 2009/04/20 23:13
  • Edit

shiolly

撮影会、お疲れ様でした~。
まじめに前の方で撮影し続ける人たちと、周りをうろうろする人たちで、くっきり分かれておもしろかったですね。
みなさんの性格が、よーく現われてました。笑
こもれびさんの写真、とても楽しみにしています!

  • URL
  • 2009/04/20 23:14
  • Edit

こもれび

ごめん!
名前、忘れちゃいました!
は~~~い こもれびです♪

吉田神社の撮影、引っ越し等で暫くカメラを持っていなかったので、扱いがイマイチでした。
私は祭礼はあきらめて、祭礼を見ている人狙い?(笑)
  • URL
  • 2009/04/21 10:43

shiolly

やっぱりこもれびさんだったのですね、ありがとうございます~~。
家のことでばたばたしていると、作品の撮影には身が入らないでしょうね。
お疲れ様でしたー。
ああ、来週までに、写真を選ばなくちゃですねー。

  • URL
  • 2009/04/23 07:46
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。