スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真の講評 『平城宮跡』

今日は仕事をお休みしているのですが、お昼に笑っていいともを見ていたところ、ゲストで出ていたジャニーズの方が「平城宮が好き…」というような話をしてらして、なんとなーく講評を載せるタイミングを失っていた私に対しての良いきっかけだなぁと思い、ぼちぼち書き始めています。
タイミングを失っていたのには理由があって、今回の私の写真が、ちょいっとばかしビミョーだからなのです
今回は今まで以上に「新しいこと」にチャレンジしてみて、先生もそこは評価してくださったものの、これからは、こういうことが課題になるねぇ・・・なんて話だったものですから、ブログにどうのせるか、迷っていたんです。




ま、言い訳はこのくらいにして、まずは一番力の入った、表紙から参りまする。。

結局のところ、これが一番良かったなぁ…というのが先生の感想。
でも、これを表紙に選んだのには、私なりの言い分があるんですよぅ…。

この写真は、平城宮跡の東院庭園を、となりのある宇奈多理座高御魂(うなたりにいますたかみむすび)神社に建っている灯篭から覗いて撮ったものなんです。
ほかにこの場所で撮影していた人はいなかったし、張り切って何枚も撮ったのですが、写真の印刷サイズである4:3のサイズに切り取ると、どうしても左右の余白が多くなっちゃうので、変なんです。
だから、その部分に文字を入れて誤魔化した、というのが私の言い分。
どうやってフレーミングすれば一枚の写真として発表できたのかを、伺えば良かったなぁ。




作品一枚目は、やっぱりせんとくんワンちゃん! だってかわいいんですもの~。
先生も、これを一枚目に持ってきたか~と言って笑ってました。
だってまぁ、出来すぎですものね、この写真。
真正面からワンちゃんを捉えているところは、褒めていただきましたよ。
普段からネコちゃんの撮影で鍛えているからだという風に。








宿題の『朱雀門』用に選んだのはこちらの一枚。
ワンちゃんのバックに写っているのも、朱雀門ですけど、一応ね…。

ええやん、これ、という言葉に、次のようなことを言われました。
ただね、「満開の桜」と「青い空」と「鴟尾(しび:屋根の端についている金色の飾り)」では、観光写真なんです。
もうひと工夫欲しかった!
という講評。

うぐぐ…。私としては、「桜と空としびでオッケー」な気分だったのですが、プロの目は厳しいのだー。





雲行き怪しくなってきた?3枚目。
これには、ボカした桃の奥に鳳凰があって、それが水に映っているところを撮るなんて、にくいやーんって感じでした。
ただ、こういう写真って、作品点なんかで出すと、必ず「上下が逆だ」と言ってくるお客さんがいるんですって。
これは、水底も見えているから大丈夫だと思うとおっしゃっていたけれど、写り込みの写真には、写り込み写真の撮り方(注意点)があるんですねぇ。













自信のあった空の写真!!

がっっ

残念なことに、同じ2本の飛行機雲を撮った方がいて、しかもそちらの方が数段素晴らしい写真だったので、先生にも惜しいっと言われちゃいました~。

でも、そこが写真教室の素晴らしいところ。
大勢で行って、似たような写真がひとつもないっていうのも面白いけれど、似たようなものを撮って、あっちがいいこっちがいいって比較できることが、なによりの勉強なんです。

それでもって、負けん気の強い私は、次は負けないぞっっと思いを新たにするのでした。

ま、勝ち負けじゃありませんけど。笑





5枚目(左)、6枚目(右)は、2枚とも迷った挙句に持って行った写真たちです。

 



5枚目に対しては、わざわざ画像処理しなくても・・・、むしろモノクロにしちゃったほうが良かったんじゃないかな・・・、こういう処理だと、写真ではなく映像の世界になってしまうし・・・、んー、これを表紙にした方が良かったんじゃない?というご講評。

6枚目は、、先に説明しておくと、赤く見えているは鳥居で、神社の門の格子から覗き、すべてボカして撮たものです。
なんとなくドット絵っぽくも見えるし、面白く感じたものの、写真としてはどうなの??という疑問があったので、敢えて提出してみました。
先生も講評には困ったようで、確かにこういうどこにもピントを合わせない写真を発表する若いプロもいる。自分も、そういう表現を受け入れたいとは思っている。だけど、やはり写真なので、どこかにピントが合っていたほうが良かったんじゃないだろうか。葉っぱの一枚でもいいから、手前にピントがあれば…、とお話しくださいました。

どこまで画像処理して良いのか、どこまでボカして良いのか?というのが常々の疑問でしたから、それに対する先生のご意見をうかがえて、とても良かったです。

最後に、写真と映像の違いを認識したうえで作品作りをすることが今後の課題だね、とも言っていただき、あれこれ納得して帰って来ました。



ええと、平城宮跡シリーズの最後に、気に入っていたけれど載せそびれた写真を、未練たらしく載せます。



 





次回の撮影会は、今週末。がんばるぞ~!!



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/506-762a0632

Comment

ゆき

はじめまして。
いいともで検索をしたら、こちらに辿り着きました!

本日のいいともに出ていらっしゃったのは、堂本剛くんです。
私も一ファンで、応援しております。
彼が平城京を好きというのは、出身地だからですよ♪

お写真、どれも違う表情をされてて、見る側をドキドキさせてくれますね!
素人からしたら…な目線なので、どういいとか言えないですが(汗)
  • URL
  • 2009/04/14 18:58
  • Edit

shiolly

はじめまして、コメントありがとうございます!
そうそう、剛くんでしたね。
あまりはっきり書くと、検索にひっかかりすぎるかなと思って、お名前は控えていたのでした。
もちろん、ゆきさんのような方は、大歓迎ですv-238

平城宮へは先日行ったばかりでしたので、剛くんが大好きな場所と聞いて、ドキドキしちゃいました~。
あんな有名人が、近鉄電車に乗っているのか!という風に。
どこかですれ違ってたら…、なぁんて想像しちゃいますね。

写真、ドキドキしてくださっただなんて、とても嬉しいです♪
これからもがんばりまーす!

  • URL
  • 2009/04/14 20:45
  • Edit

さと

この頃のshiollyさんはレベル高いなぁといつも思っていますよ。
今回も独特で個性豊かな作品で感心しました~
先生も講評が大変ですね(笑)
幅広いからね。

載せそびれたという写真もみんな素晴らしいです。
柳の写真と太陽が好きかな。
今週末お互い頑張りましょうね。
  • URL
  • 2009/04/14 22:07
  • Edit

石塚貴之

ここのところのshiolly作品前よりましてレベル、スキルもに上がったよねぇ^^(僕に言われたくないか…失礼!m(_ _)mm(_ _)m前に作品が良くないって言ってるわけじゃないからね。。。誤解しないでね!)

僕も見習わなきゃいけない部分が沢山!

あ~京都行きたい!!もうshiollyが京都行って5年かぁ^^月日流れるのは早いね☆ミ

また来るね^^
  • URL
  • 2009/04/14 23:42

shiolly

お返事遅くなってしまって、申し訳ありません!
幅、広げすぎましたね~。
次回はもうちょっと「写真」であることに気をまわしながら、撮影したいと思います。

柳の写真は、私も気に入っているので嬉しいです。
太陽は、、、もっと素晴らしい一枚を見ちゃったあとですしねぇ…。

土曜日、よろしくお願いします。
  • URL
  • 2009/04/16 22:46
  • Edit

shiolly

お返事遅くなっちゃってごめんなさい。
レベルアップしたって言ってもらえるのは、とても嬉しいです。
今度の撮影会は今週末なので、また来週には写真をたくさん載せると思うので、良かったら見てくださいなー。

京都は撮影場所がたくさんあるから、ぜひ、カメラを持って遊びにおいでね。

  • URL
  • 2009/04/16 22:49
  • Edit

石塚貴之

そうだよね、写真やってて腕上がったって言われるのって嬉しいよね^^

京都!

行きたい!絶対行きたい^^日本を撮りたい!そんな場所だよね☆
  • URL
  • 2009/04/18 01:44

shiolly

自分の写真を客観的に評価するのは難しいからねー。
皆さんになにか言っていただくのが、なによりのお勉強です。

京都で待ってるよーん。

  • URL
  • 2009/04/19 00:37
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。