スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ教室 ホームコンサート

14日(日)は、ピアノ教室のホームコンサートでした。
先生のお宅で開かれるこの会は、ホールでの発表会とはまた違った緊張を強いられます。

なんというか、先生の音楽室で行われる会なので、特にステージといったものがなく、気持ちの準備がしにくいのです。

大きなホールのほうが緊張するんじゃない?と思われる方もいるかも知れませんが、ホールの場合、袖で準備が出来るし(体操なんかもしちゃいます)、まわりの人も緊張しているなぁと思うと、不思議と落ち着いたりするんですよね。
お互い頑張りましょうね、みたいな雰囲気もありますし。
ライトに照らされたピアノの前に座ると、「やってやるぞ」という気持ちも沸いてくるんです。
人のお宅でも、ピアノと聴く人が対面するような形にピアノが配置されていればまだなんとかなるのですが、先生のお宅の場合、ピアノの周りにぐるっと座布団が敷かれていて、そこに座って人の演奏を聴きながら自分の順番を待ち、そこから出て行って演奏をするので、準備らしい準備もできないし、気持ちの切り替えをするタイミングがないんです。

それに、私以外の出演者は全員(といっても4人)子供なので、明らかに緊張してるのは私だけなんですよねぇ・・・。

それから・・・。
演奏前は静かに過ごさせてもらいたいと思うのですが、子供たちのお母さんたちが、なかなかどうして、おしゃべりさんなのです。
お子さんたちは年齢は違えど同じ私立に通っていて、お母さんたちもご挨拶やら情報のやり取りで忙しいのです。
気を使って私にも話しかけてくださるのは有難いのですが、私の気持ちがおしゃべりに向かないので、あまりきちんと相手もできません。
わいわいとした状況に流されてしまわないように、演奏に気持ちが向くように、自分を保つのは大変です。
失礼だとは思いつつも、ひざに抱えた楽譜に目を落とし、近寄らないでオーラをまとうことに決めました。
それでも会話は耳に入ってきちゃうもの。
前日の浅田真央ちゃんの演技(グランプリシリーズのフリーです)を思い浮かべては、失敗しても立ち上がる、流れが大切、とにかく集中っっと思い続けてました。笑

そんな感じで演奏をしたのですが、集中集中って思い続けたのが幸いしたのか、いつになく鍵盤が良く見え、音も良く聴こえ、最後まで気持ちが切れずに演奏できたと思います。
間違えは多かったんですけどね、浅田真央ちゃんだって、グランプリシリーズの初戦は2位だったわけだしw (←お察しの通り、フィギュアスケート大好き!)
次につながる演奏でしたって感じです。 あ、次に同じ曲を弾く機会はありませんけど。

9分間くらいの音源です。
最初に拍手があり、実際に弾くまでにちょっと間がありますが、カット等せずに載せました。
よろしければ、お聴きくださいね。
曲はメンデルスゾーンの、ロンドカプリチォーソです。

音楽を聞くにはプラグインが必要です

プラグインが表示されない場合は、お手数ですが、こちらのページにてお聴きください→☆☆

仕事の急な終了、写真教室、ピアノの発表会と、イベントフルな週末でした。
今日からお休みでよかったって思うくらい、今日は疲れきっています。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/474-535c68ce

Comment

としちゃん

shiollyさん、すてきな曲ね。
ピアノ周りに座布団が敷かれて、そこで演奏をするのは、アットホームとはいえ
大変なプレッシャーでしょう。でも気持ちよく演奏できたなんて、さすがです。
お疲れ様でした ♪
  • URL
  • 2008/12/15 18:58
  • Edit

shiolly

ハイ、素敵な曲です。
子供の頃、高校生ぐらいのお姉さんが弾くのを聴いてから、憧れていた曲です。
ほんと、他では味わえないプレッシャーがあるんですよー。
昨日はほとんど起き上がれないほど、疲れが出ちゃいました。
これはこれで、びっくりでした。

さと

shiollyさんがピアノを弾いているシーンを思い浮かべながらゆっくり聴かせていただきました。
素晴らしい~
ホントにshiollyさんは才能豊かで感心します。
フィギュアスケート私も大好きです!
なんか途中からリズムが変わるのをスケートと重ねていました。

疲れたでしょう!
ゆっくり過ごしてね。
  • URL
  • 2008/12/16 22:30
  • Edit

SWEET69

shiollyさん、ここ数週間はブログの内容が濃いですね。写真のあとはピアノですか♪
当日のいきさつがあったことを読んでからこの音源聴くと
気持ちの切り替えや準備が難しい中で演奏したんだなってことがよくわかりました。
なるほど、真央ちゃんな気持ちで挑んだわけですね。

前回ピアノの音源をアップした時も同じようなシチュエーションだったのかな?
正確に弾くことも、時には大切だけど・・・本当に大切なのは「記録」として残すこと。
その日の自分はどうだったかな?今日の自分はどうかな?って確認出来るし
より自分を高めるためには実はとっても大切なことなんですよね。
思わず何回も聴いちゃいましたよ♪メンデルスゾーンの一発録り、お疲れさま!
今週はしっかりと休養をとってくださいね
  • URL
  • 2008/12/17 11:19
  • Edit

さすけどん

綺麗な曲だね~。
ラジオを止めて3回も聞かせて貰ったよ♪
↑最初は拍手の後の間がどのくらいあるのか解らなくて
 ボリュームをマックスにしていたからさ、演奏が始まった瞬間
 驚く程の大音量で注目を浴びちゃった。(笑)

なるほどー。
ギャラリーとの距離が近いと、ステージとはまた違う緊張感がうまれるのね。
でも今回は、その緊張感と周囲のざわつきが良い意味で作用したのかな。
本当にとっても素敵な演奏でしたよ。
shiollyさん、優雅なひとときをありがとう♪

shiolly

ピアノは、かれこれ30年以上も続けていますからねぇ。
続ける事が才能って言ってもらえるのなら、才能豊かかもしれません。笑

フィギュアスケートって見ていてワクワクしますよね。
真央ちゃんのスケートは、本当に励みになります。
私も頑張らなくちゃー。

shiolly

聴いていただいて、ありがとうございますw
ブログに載せるという目標を持ってから、さらに演奏が楽しくなりました。

記録に残すこと・・・。
そうですねぇ、子供の頃の演奏とか、もっと録っておけばよかったなあって思います。
まあでも、目に見える形としては残っていなくても、私の体には着実にその記憶が記録されているから、いいんじゃないかと思います。

shiolly

3回も聴いてくれたのかー!!
いつもいつも、本当にありがとうね。

そうなのよー、近くで見られるって、本当に緊張するの。
自分の背中とかにも人がいるしね。
毎回毎回うまくコントロールできずに苦労するんだけど、今回は少し上手に気持ちを持っていけたかったなって思っています。

次もがんばるよー。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。