スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOZART meets JAZZ!!  in OSAKA

9月20日(土)、大阪のシンフォニーホールにて行われた MOZART meets JAZZ というコンサートに行って来ました。



出演:
小曽根真(ピアノ)
パキート・デリヴェラ(クラリネット/サックス)
オーケストラ・モズアート(コンサート・ミストレス:漆原朝子)



プログラム:

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番 「ジュノム」
モーツァルト:クラリネット協奏曲

 (休憩)

小曽根さんとパキートさんによる即興演奏が数曲。
(曲名はメモしてないので、、、)





小曽根さんはそもそもジャズ・ピアニストなんですが、ここ数年はクラシックの演奏会にもたくさん出演され、文字通りクラシック界に旋風を巻き起こしています。
この日の演奏も、言葉では表せないような素晴らしいもので、音楽って自由だー!!とか、クラシックって(ジャズって)なんなんだー!!とか叫びたくなるようなものでした。

だってね、オケまでが即興で演奏してみせるんですよ!
これまでにも、小曽根さん+オーケストラという形式の演奏は聴いたけれど、オケは楽譜どおりの演奏をし、それに小曽根さんが遊びを加えたり、カデンツァの部分を即興で弾く、というスタイルでした。
それが今回は、即興で展開する小曽根さんのカデンツァに、これまた即興で、チェロ、コントラバス、管楽器なんかが参加してくるんです。
どこまで打ち合わせがあったのかわからないけど、とんでもないものを見て(聴いて)しまった!!と、本当にびっくりしてしまいました。

後半のパキートさんとのデュオは、まさにジャズの、ラテンの世界。
モーツアルトを聴いたことを忘れちゃうくらいの雰囲気の変わりように、頭がごっちゃごっちゃになりました。
クラシックとかジャズとか、そういうカテゴリを簡単に飛び越えて演奏してしまう二人。。
感動とか感激とか尊敬とか敬愛とか、そういう言葉のすべてを、お二人の演奏に捧げたいです。


実はわたくし、本日2008年9月23日より、小曽根暦11年目に突入します。
1998年9月23日が、私の小曽根デビューの日。
場所は神戸のジャズクラブ。
こちらが、そのとき持っていたカバンに頂いたサインです。



あれから10年・・・。
小曽根さんは自分の階段をどんどん上っているけれど、私はどうなんだろう・・・?
学校を卒業して、就職して、結婚して、引越して、と盛りだくさんの10年だったけれど、ちゃんと成長はできてるんでしょうかねぇ。


ま、私のことは置いておいて。

この10年間、小曽根さんの音楽は私を魅了し続けいます。
そしてこの先10年も、私は小曽根さんを追いかけ続けるでしょう!

皆さんもぜひ、小曽根さんの演奏をお聴きくださいね♪



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/375-0dcdd3e8

Comment

はっぱ

shiollyちゃん、先日は(お見えになるだろうとは思ってましたが)思いがけずご夫妻にお会いできて嬉しかったです。
このコンサート、本当にどこまでが打ち合わせ済みで、どこまでが本当のアドリブ(と言うべき?カデンツァと言うべき?)だったんでしょうね。
ジャンルとか言葉とか関係なく、魂に響いてくる音楽でしたよね~。
多分、このコンサートがしばしの聴き納めになると思うのですが、
当分、思い出しては余韻に浸れそうです♪
小曽根さんの音楽を通して、色んな人にも出会えて、色んな所にもいけて、
なかなか貴重な経験がたくさんできたなぁと改めて思ったコンサートでした。

今度はshiollyちゃんにはどこでお会いできるかな~。

  • URL
  • 2008/09/24 00:53

さすけどん

うふふ。
アツく語るshiollyさん熱が伝わってくるなぁ。

しかも持っていたカバンにサインをもらうって
色んな意味で勇気の要る事ですよね~。

音楽に恋するって、なんだか素敵だわ♪

としちゃん

モーツァルトとJAZZがMIXしたの?
そういうコンサート、私も聞いてみたかったわ。
小曾根真さんというのね、お名前を覚えておくわ。
  • URL
  • 2008/09/24 19:18
  • Edit

shiolly

私のほうは、思いがけず!お会いできてとても嬉しかったです。

しばしのお休み前のコンサートとしても、最高の演奏でしたね。
あの瞬間に出会えた奇跡に感謝しています。

次はどこで会えますかねー。
理想はドイツですが、横浜なら必ず会いに行けますよ~

shiolly

うふふ、ありがとう。
このときは母、着ていた洋服の肩の部分にサインを貰ったのよ。
その後、着たのかどうかはわからないけど。

この恋はねー、私の人生を大きく変えたの。
たくさんの素晴らしい出会いがあったのよ。
人生って面白いなぁって思っています。

shiolly

そうなんです。
モーツアルトがスイングしちゃうんです。
とっても楽しい気分になりますよ。

こんなのとか
http://tenjinsite.jp/music/ozone_makoto2008/default.php
こんなのも
http://mv-classic.eplus2.jp/article/101926564.html
見ていただけると嬉しいですー。

さと

私これでもジャズピアノ好きなんですよ(笑)
だから小曾根真さんも知ってます。
インタビュー見ました。私の印象ではもっと若かったようでしたが。。。
昔情熱大陸でもやってませんでしたかね?
何かテレビで見て覚えています。

shiollyさん長いファンなのね!
機会があれば生で聞いてみたいです。
素晴らしいでしょうね。
  • URL
  • 2008/09/24 23:51

shiolly

わーい。
さとさんが小曽根さんをご存知だなんて、嬉しいです~。
ではあの時「これから小曽根さんを聴きに行く」って言えばよかったなぁ。笑

情熱大陸にも出ていましたよね。
あれでファンがぐぐっと増えたので、テレビってすごいなぁって思いました。

次は一緒に聴きに行きましょう!

ともちゃん

わあ、読んでいるだけでわくわくしてきますね。
小曽根さんは喜多善男でも音楽を担当されてたんですよね。
ほんとおしゃれで。
ああ、聴いてみたいなあ。
こちらの方にも来てくれるといいんだけどなあ。
情熱大陸もみてみたかったです。
shiollyさん、教えてくださってありがとう!


shiolly

喜多善男の音楽は、本当におしゃれでしたねー。
最近はクラシック系が多いので、あの番組のジャジーな感じは素敵だったな。
情熱大陸は、もうずいぶん前なんですよねー。
NHKのようこそ先輩に出ていたこともあるんですよ~。
次は大河ドラマか朝ドラの音楽か?!って、勝手に期待しているところです。
そちらの方に行く際には、ぜひぜひ聴きに行ってくださいね。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。