スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葵祭 2008年5月15日

昨日は、葵祭(あおいまつり)に行ってきました。

葵祭は、7月の祇園祭、10月の時代祭りを合わせた「京都三大祭り」の一つです。

お祭り、と言っても、盆踊りとか屋台があるわけではありません(って言ったら、京都の人に怒られるかな)。

葵祭は京都にある上賀茂神社と下鴨神社の例祭で、つまり神社で行われる「儀式」。
およそ1400年の歴史があります。
6世紀の欽明天皇の頃、国中が凶作に見舞われ、飢饉や疫病が発生しました。
これを神示だと考えた天皇が、上賀茂・下鴨両神社勅旨を遣わし、祭礼を行わせたのが葵祭の起源だそうです。

葵祭は、「源氏物語」にも登場しますよねー。
葵祭の行列は、「源氏物語」の世界を現したかのような美しい「王朝絵巻」なので、ついそればかり注目してしまいますが、
本当の目的は、勅旨が御所から下上の賀茂神社へと出向き、神殿において御祭文や祝詞、東遊舞などを奉納することなのでだそうです。



私は、京都御所の観覧席で見ていました。
まあぁ、驚くことばっかりでしたよ!

まず驚いたのは、観覧席にはきちんとパイプ椅子が並べられていること。
1000席以上あるんですけどね、ちゃあんと座席番号も振られていて、見やすいんです。
京都の祭りパワーはすごいです。

「行列の間は立ってはいけない」と放送されるにもかかわらず、一番後ろの列から前の席まで出て行って撮影しちゃう人の多いことにもびっくりでした。
いやぁ、京都人って、おーらかです。

そして何よりも驚いたのは、行列の間中、マイクで解説が入ることでした。
行列は朝10時半スタートで11時10分ごろに終わるのですが、解説が始まったのは10時・・・。
どこでしゃべってるのかよくわからないので、「あの奥の黄色が・・・」とか言われても、どれを指しているのかさっぱりわからず。
一時間以上に渡るおじさんのトークに、私はすっかり参っちゃいましたよ。
せめて、アナウンサーとかイヤホンガイドみたいな解説風にしゃべってくれればいいんですけどね。
明らかにトークでしたから・・・。汗
っていうか、音楽にしてもらえませんかねぇ・・・
音楽とお話の交互でも良いですし。


あ、ついつい文句言っちゃいましたが、やはり写真で見るのとは大違いですね。
馬の足音、牛車の軋む音、さまざまな装束、観客の熱気、それにおじさんのトークも!
どれもこれもその場に行かないとわからないものばかりなので、観に行ってよかったなぁと思いました。


行列はとにかく速いので、写真を撮るもの大変でした。
全体の雰囲気は味わえると思いますので、よろしければご覧ください~





Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/317-5be0c965

Comment

さすけどん

きらびやかですね~。
限りなく雅な気分を味わいました。
それに三大祭りにあげられるだけあって
驚く程の人の多さ!( ̄□ ̄;)
田舎者の私にとっては衝撃的です。

あと個人的には、もみあげのところに
わさぁーって付いてるのが気になったよ。(笑)
全員がつけている訳じゃないところを見ると
解らないけど、きっと何か意味があるんでしょうねぇ。w

さと

shiollyさんは有料観覧席でご覧になったんですね。
こもれびさんと私は同じ御所の出発前のあれこれを撮っていました。
こもれびさんはそれから多分下鴨、上賀茂神社に行かれたようですが私は8人のプロ写真家の作品を見に行きました。
源氏物語も人によって個性豊かで驚きました。面白かったですよ!

上の写真でまた違う葵祭の一面を見せていただきました、それにしても凄い人ですね。ビックリ~
  • URL
  • 2008/05/16 16:19

こもれび

葵祭、行かれてたのですか!
お会い出来ず残念でした~~~
せめてお昼ご飯ご一緒したかったですね。

お写真拝見しました。
なんか違う場所みたいで新鮮で素敵です。
それにしても凄い人だったのですね。。。

明日は静かな下鴨神社でお会い出来るの楽しみにしています(^^)
  • URL
  • 2008/05/16 18:10

としちゃん

すてきなお写真のスライドショー、ありがとうございました。
絵巻物を見ているような感じですね。
それにしても一番の驚きは、背景が山である、ということです。東京でこのような祭りをしても、山は写らないでしょう。そこが京都らしいですね。

shiolly

雅なんだけど、トークがね、トークが。笑

人は多いのですが、観覧席は広くて整理されているので、窮屈な感じは全然ありませんでした。
終わった後もささっとみんな移動するので、案外楽でしたよ~。

あのもみあげのわさぁーは気になりますよね。
なんなんだろう、ほんとに。
  • URL
  • 2008/05/16 20:08
  • Edit

shiolly

次回はぜひ出発前を撮りたいです~

私も今日、8人展に行って来ました!
思いがけず先生に会っちゃって、いろいろお話させていただいちゃいました。

明日はいらっしゃらないのですね。
こもれびさんと、がんばってきます~
  • URL
  • 2008/05/16 20:10
  • Edit

shiolly

昨日はお友達と見てました^^
すっかり楽しく、観光しちゃいましたよ~
でも次回は、作品っぽい写真を撮りたいですね~

明日はよろしくお願いします。
下鴨神社は初めてなので、楽しみです。
  • URL
  • 2008/05/16 20:14
  • Edit

shiolly

京都って山に囲まれているんですよね~。
これって、東京人には驚きですよね。
私も最初は慣れず、また山だよーとか思ってました。笑
いつか、葵祭も見にいらしてくださいね。
  • URL
  • 2008/05/16 20:16
  • Edit

frusic

伝統行事が続いているところはいいですね。
住んでいる人々もそれぞれ誇りがあるだろうし。
なんでもそうだけど、続けることってとても大切だし、大変なんですよね。
バックに山があるのが何となく落ち着くよ。
私も山に囲まれているから。

ゆずぴ

ガイドブックには載ってない京都ばかり。
知らなかった京都ことshiollyさんのおかげでちょっとづつ知れて嬉しいです。
何だかんだ言っても皆、京都に魅力を感じるんだよね。
雅に触れたいのかな。
日本中まだまだ知らない事だらけだなー。
  • URL
  • 2008/05/17 08:39

ほっぱ〜

あの中に居たんだなぁ…って
懐かしい気分にさせてくれる、かっこいいスライド写真だぁ!

ちなみにふさふさは『緌』と書いて「おいかけ」と読みます。
武官や随身だけが付けている事から
弓に集中するため視界を狭くする必要でもあったのでは?
ただの勝手な考えですよ!!

yokko

こんにちは!

ワーツ! こちらに訪れると 勉強になりますね。 
自然一杯ですね! 
それにしても 凄い人の数!
「京都三大祭り」の一つだと 日本中
から 観光客が来られるのかな

こちらは 鎌倉は近いです。
shiollyさんに刺激を貰わないといけないです・・・

まぁ

源氏物語ファンとしては、葵祭はぜひ一度拝見したいお祭りです。
shiollyさんの写真で、ちょっと雅な雰囲気を味わうことが出来ました。
  • URL
  • 2008/05/17 23:52
  • Edit

shiolly

伝統行事のない地域に育ったので、伝統行事に触れることのできる地域に住むことができ、とても貴重な体験をしていると思います。
でもま、仲間には入れてもらえませんけどね。笑
山があると落ち着きますか?
私はずいぶん慣れたけど、たまにはビルの隙間から見える小さい空が見たいです。
  • URL
  • 2008/05/19 16:40
  • Edit

shiolly

京都にはいろーんなものがありますからねぇ。
一冊のガイドブックには収まりきらないですよね。
みんなが京都に憧れるのは、京都を知るとちょっと賢くなったような気になるからかなぁって思います。
  • URL
  • 2008/05/19 16:42
  • Edit

shiolly

初めまして。
コメントも、どうもありがとうございます。

あのふさふさは「おいかけ」って言うんですね。
つけている人は武官なのかー。
だから力強い感じだったのですね。
葵祭にはいろいろな格好をした人がいて、おもしろかったです。
でももうちょっと勉強しないと、だめですねー。
  • URL
  • 2008/05/19 16:47
  • Edit

shiolly

ほんと、すごい人でした~
でも終わった後みんな散り散りになるので、帰りは大変ではなかったです。

鎌倉にも、楽しいお祭りがありそうですね。
いつか紹介してください~
  • URL
  • 2008/05/19 16:49
  • Edit

shiolly

ほんと、「源氏物語の世界~」って感じでした。
タイムスリップするなら、平安時代が希望です!
  • URL
  • 2008/05/19 16:50
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。