スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 石山寺2

撮影実習では、毎回「○○を撮るように」という宿題が与えられます。
そして、先生に提出する6枚の中に、宿題の写真を一枚加えなければいけません。

石山寺にて与えられた宿題は、「紫式部を撮ること」というもの。

本殿脇の「源氏の間」(左の写真)というところに、紫式部さんがいるんですねぇ(右の写真:式部さんは、源氏物語の執筆中)。

 



撮れる場所がかなり制限されているので、どうしたもんか、さっぱりわかりません。


とりあえず、どなたかが覗いている様子を撮ってみたり、




広い部屋に見えるように撮ってみたり、






ある部分にのみ注目したり、






かなりの枚数撮ってみましたが、そう簡単に素敵な写真が撮れるわけでもなく・・・


それでもこれはマシと思って提出したのが、これ↓。



ちょっと首切りの印象?とも思ったのですが、着物がきれいに写っていたのと、背景に光が入ってきれいかなと。

でも、こういうアングルで撮影した人は他にも何人かいらしゃって、なんだか意味のない一枚になっちゃいました。


どちらを出すか、迷っていたもう一枚↓のほうを出せば良かったかなぁ。



まあ、どっちもどっちかー。



先生曰く、「写真には主題+それに対峙するものが必要」とのこと。
対峙ですからね、主役に比べて、強すぎても弱すぎてもダメなんですってーー。

写真の上達方法ってよくわからないけど、こうやってプロのロジックやら文法やらを生で聞けるのは、素晴らしく恵まれたことなのだと思います。


次回の撮影実習は、今週の土曜日。
がんばるぞーー。




Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/314-c01ce2de

Comment

そら豆

そうそう!
ちゃんとプロの方に見ていただいて、
生で講評を聞けるのってすごいです。
  • URL
  • 2008/05/13 14:02

momoko

いつの間にか、写真教室。。。。
でももともとshiollyちゃんはセンスがいいからなあ。
私はどうも写真が下手で。。。
考えてみたら、何も考えないで撮ってたわ。苦笑
  • URL
  • 2008/05/13 15:15

さすけどん

なるほどぉ。
聞けば聞く程、写真は奥が深いんですね~。

私なんて、ただキレイとかカワイイとか
そういう視点でしか見た事がなかったので
なんだか、反省しきりだわ。(^^;

次の撮影実習も楽しんできて下さいね~♪

grazie

写真撮影頑張ってはりますね~

今回の撮影会は奥が深そうですね。

一つ提案があるんですが、レフ板なんかを用意して、照明を工夫するのも如何でしょうか?

あっそれと、ピアノも頑張ってね。
いつか聴かせてくださいね。
  • URL
  • 2008/05/13 19:39
  • Edit

frusic

私は迷っていた下のほうが好きだなぁ。
女性の唇と後ろの光のバランスが良いと思う。
それになんだか女性っぽい暖かさを感じる。
それは、唇やうしろの明かりがそう思わせるのかも。

唇一つで、見る側は女性をイメージするだろうし、それがバックの明かりで暖かい女性をイメージすると思う。

これは、私の思いだけど。
  • URL
  • 2008/05/13 21:41
  • Edit

[H]

ラストの写真だけど、昨日PICASAで見ましたよ。
「んー、なんでこの写真を載せないのかな?」と思っていたけど、こう言うことだったのね。
写真だけど、女性の口紅、十二単、そして背景の蝋燭が照らす色の三つが、朱色系でまとまっているよね?
それから端から上をカットすることによって、唇とその種の色が強調されているし、また唇は目と供に女性の面立ちの中で最も官能的な部位だし、背景の蝋燭の光と相まってなまめかしさが出ていると思います。
間違い無く一番下のこの写真がベストだなー、ワタクチは思う次第です。
  • URL
  • 2008/05/13 22:19

[H]

ラストの写真だけど、昨日PICASAで見ましたよ。
「んー、なんでこの写真を載せないのかな?」と思っていたけど、こう言うことだったのね。

そのラストの写真ですけど、女性の口紅、十二単、そして背景の蝋燭が照らす色の三つが、朱色系でまとまっているよね? Shiollyさんが意図したかどうかは分からないけど、強調したい色が明確に見えていると思います。
それから唇は目と供に女性の面立ちの中で最も官能的で表情が豊かな部位ですよね?
この構図では鼻から上をカットすることにより唇が強調され、また構図の中にある朱の色が明確になると同時に背景の蝋燭の光と相まって、女性の持つ艶めかしさと妖しさを浮立たせていると思います。

間違い無くこのラストの写真がベストだなー、ワタクチは思う次第です。
  • URL
  • 2008/05/13 22:29

としちゃん

私もこの場所で紫式部さんを写しましたが、このお人形さんから紫式部を撮るというのは難しいですよね。どうしても観光記念写真になってしまいます。きっと何枚も長い時間をかけて写したのでしょうね。私も個人的には一番下のアップの写真が好きです。
でも写真教室と言うのはいろんなことが勉強になるでしょうね。

shiolly

ほんと、生講評してもらえるってすごいですよねー。
教室には30人くらいの人が通っていますが、その全員の人の写真を見れるし、講評が聞けるんです。
これ、かなり勉強になります。

shiolly

そうなの、いつのまにか写真教室。笑
写真ってどういうものなのか、さっぱりわからないんですもの。
ほんのちょっとでいいから、感覚をつかみたいです。

shiolly

写真って、歴史がありますからねー。
奥が深いみたいです。
私もちっともわかりません。
かわいいとか、きれいとか、そういうことしかわからない。
でもやっぱり先生は知ってるんですよねー。
その方の声を聞けるので、勉強になります。

shiolly

レフ板もいいですね~
お家では利用してるのですがー。
外での利用も考えてみたいと思います。

ピアノもがんばってますよ。
なにをしなくても、あれだけは怠らないんです、私。

shiolly

やっぱり最後の一枚でしたか!
くぁー、そうかぁーー。
私も、最後の一枚のほうが気に入っているんです。
でも「やりすぎか?」という思いもあって、別のほうにしちゃいました。
要は、両方出せば良かったんですよね。。
「宿題は一枚」っていう話を、「一枚しかダメ」と捉えていたのですが、そういうわけではなかったみたいで。

もうちょっと冷静に評価できるようにならないとですね。
素敵なアドバイスを、ありがとうございました♪

shiolly

[H]さんもラストの一枚かー。
やっぱりそうかー。

私としても一番気に入っていたのに、出せなかったのは、度胸がなかったからかな。
一番気に入っているのに、あんまり良くないって言われたら、悲しいじゃん、とか思ってしまっていて。

それから、朱色は狙ったわけじゃないけど、「紫式部」なのに紫じゃないのはどーなんだ?とかも思ってしまいました。
あと、襟がよれているのと、印刷すると案外髪の毛が怖いことも気になっちゃって…。

でもでも、[H]さんに分析してもらえて、勉強になりました。
自分で分析ができるようになることが、ひとつの目標ですね。

うー、楽しいです!

shiolly

としちゃんも一番下ですかー。
うー、私もそう思っていたはずなのに、先生に見せる度胸がなかったんですよねー。笑
次回は、自信のあるものを見せられるよう、がんばりたいです。
ありがとうございます!

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。