スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 石山寺1

月に一度の撮影実習と、その時に撮った写真の講評を聞く、という写真教室に通っています。
「源氏物語を写す」というテーマのもと、実習場所には源氏物語に縁のある場所が選ばれています。

4月中旬に第一回の撮影実習があり、滋賀県の石山寺に行ってきました。

紫式部は、この石山寺に籠って源氏物語の構想を練ったそうですし、
源氏物語の中にも、光源氏たちが石山寺を訪ねる、という場面が描かれています。

石山寺のサイトはこちら

(左)石山寺山門  (右)「おおつ光ルくん(源氏物語千年紀in湖都大津のマスコットキャラクター)

 




写真教室の目的は、「作品を撮れるようになること」。
普通にきれいに写真を撮るのではなく、「作品」にしなくちゃいけないんですねぇ。

実習時間は2時間。
目に入る風景の、どこをどう切り取れば良いのか、どういう風に写せば良いのか、、さっぱりわかりません。
あっちーこっちー歩きまわって(石山寺は広いんです!)、ようやく、なんとなーくシャッターを押すって感じでした。汗




講評会に提出できるのは6枚。
今回は、そのうちの4枚を載せます。



石灯籠に生えたコケと、そこに映った影を撮りました。






こちらは、ホワイトバランスをいじってみました。



先生は、「プロジェクターの具合が悪くて、青っぽく写っちゃってる…」とおっしゃってましたが、実際青いんです。
ごめんなさい、、、青は、まずいですかねぇ…。




滝を真下から。
空の処理がイマイチですーー






同じ滝を、真横から。




↑これだと、なにが主題かわからないから、↓こういう感じに撮ったほうが良かった、と先生に言っていただきました。




なるほどねぇ…




こんな感じで頑張ってますw


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/313-ee499eda

Comment

M+1

写真教室で、ますますshiollyさんの腕があがっているようですね!!
特に、石灯籠に生えたコケと、そこに映った影の写真がすてきです。

おおつ光ルくん、初めて拝見いたしましたが、右手が握手体制なのがナイスです。
  • URL
  • 2008/05/10 19:34

grazie

だんだんとプロに近付いて行ってますね~

ホワイトバランスをいじるところなんか最高やねぇ。

新たな作品を期待しています。
  • URL
  • 2008/05/10 21:48
  • Edit

そら豆

やっぱりプロになるの~?
すごいな~
ただの趣味で終わらせないところがすごいっ。
  • URL
  • 2008/05/10 21:51

booshino

GWのコンサート!すごく楽しい時間を
過ごされたようですね^^
shiollyさんのうっきうきww感が
伝わってきて&クラシックの勉強にも
なりました(^▽^*)

へええ、写真、プロになりつつあるんですね!?
2枚目のブルーに・・・って写真
すごく気に入ったんですが
プロの目は厳しいんですね(´Д`;)

でもshiollyさんすごく楽しそうなので
これからも素敵な写真楽しみに
してますよ(゜▽^*)
  • URL
  • 2008/05/11 15:17

とどろき

その裏山を通称「伽藍山」と呼んだのですが、そのむこうに我らが石山高校があります。私12期の生徒会長でした。ハイ。
  • URL
  • 2008/05/11 23:05
  • Edit

[H]

おしさしぶり
積極的に使っておますなー。
α100のクセはよく分からないけど、晴天下で空が構図に入る場合は、RAWデータ+露出補正で-0.3~0.7で撮影して、現像ツールで暗い部分を持ち上げれば、雲のディティールはでますよ。
あと、空は構図のコントラストが強いとシアンっぽく振られることが多いので、現像ツールにカラーエディタがあれば、青の部分にマゼンタ系の色を混ぜて行くと、空の色が綺麗になりますで。
  • URL
  • 2008/05/11 23:54

shiolly

石灯籠の写真は、私も一番気に入っています。
先生にも、(私が出した写真の中では)これが一番良いと言っていただきました。

でもほんと、写真って難しいよー。
どうやったら、上達するのだろう・・・。

shiolly

少しずつ努力していけば、少しは成長できるかなぁって思っています。
「作品を撮る」ってほんとに難しい。
でも、楽しい世界を知っちゃったなーって感じですw

shiolly

いえいえ、プロになんかなりません。
ってゆか、なれません。

なんでも趣味でいるのが一番♪
だからピアノも、長続きしているわけで。

お互い、がんばりましょう~

shiolly

おかげさまでGWは楽しかったです~
楽しんじゃった分、疲れましたけどねー。

私、楽しそうに見えます?笑
なら良かった~。
ほんと、毎日楽しいですから!

ポストカードは、ちょっと時間がかかりそうです。
首をながーくして、お待ちくださいませ。

shiolly

なんと!
会長はあの辺りの出身なのですかー。
のどかで良さそうなとこですねw

そうそう、GWは会えずに残念でした。
またどこかで、ご一緒しましょうね~。

shiolly

なるほどー、もっと補正を効かせればよいのかー。
でも、どちらにせよ、大して気に入っている写真でもないの。
提出枚数があるから、無理矢理選んだって感じ。
構図の決め方とか、目線とか、教えて欲しいよー。

M+1

どうやったら上達するんでしょうね・・。私にはまったくわかりません。

私は、まったく写真はわからない人ですが、石灯籠に生えたコケと、そこに映った影の写真を拝見して、影の所と光があたっているところが両方あって、さらに影にも種類があって、奥が深く感じました。
写真を見ながら、なんだかいろいろ考えたくなる感じがあっていいなぁ~と思いました。参考になりますか??

  • URL
  • 2008/05/12 17:35

[H]

フレーミングした時は構図全体のコントラストを注意して露出補正かけたり、測光もスポット、中央平均、マルチパターンと色々あるから、同じ構図で測光パターンを変えてみて撮ってみるとか。あと主題としたいものにAEロックをかけてみると、結構印象が違いますよ。

で、僕も構図とか、被写体の切取り方はいつも悩んでいるんですよねえ…。
僕が一応気を付けているのは、ズームレンズの広角側を使う場合はデフォルメされる効果を意識して、その時一番良いと思った焦点距離に合わせた後に、足を使ってフレーミングすること。
それと「世の中なべて三分の一」と言うか、構図を上下で三分割もしくは左右で三分割して主題をレイアウトしてみる。構図を上下左右で三分割して、線が交差する四つの点にピントを合わせてみる。
そんなところかなあ。まあ、僕のBlogの写真をみれば分かると思うけど、かくいう僕もあんまり三分割でレイアウトすることがないので、何とも言えないんですけど。
  • URL
  • 2008/05/12 23:41

としちゃん

こんにちは、京都のさとさんからご紹介いただいた調布市のとしちゃんです。是非、私たちの番組にご出演いただければと思い、ご連絡を差し上げました。
なお、私のブログの左下のほうに、ラジオ番組のリンクもしてあります。
また先月、石山寺に行ったとき(たぶん、この撮影会の翌日)の写真も少し載せましたが、私は写真はまるで素人です。
shiollyさんは写真も素敵だし、趣味も広いんですね。それにねこちゃんが可愛いな。

shiolly

とっても参考になります!

きっとM+1さんが書いてくれたようなことを、思いながら(感じながら)撮ることが大切なんだろうな。
あるいは、思える(感じられる)ようになることが大切、というべきかしら。

素晴らしいアドバイスをありがとう♪
15日、楽しみにしています~

shiolly

すっごく勉強になります。
[H]さんの写真、素敵だからね、どーいうこと考えているのか、なにを基礎としているのか、知りたいもの。
測光はまだちょっと難しいから、足でのフレーミングと、三分の一に注意してみますね。
次回の撮影実習は、今週の土曜日なので!

shiolly

ご連絡ありがとうございます♪
あとで別にメールさせていただきますね。

としちゃんのブログ、拝見しました。
脳科学とかラジオのこととか、めっちゃおもしろいです!
ちょくちょく遊びに行きます~

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。