スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史への興味 ~源氏物語千年紀~

「源氏物語」が記録の上で確認されてから、今年でちょうど1000年になるそうで、京都では「源氏物語千年紀」という共通テーマの下、たくさんのイベントが催されています。


「源氏物語千年紀」のサイトはこちら↓



4月から通い始めた写真教室も、「源氏物語の世界を撮る」という壮大なテーマが掲げられ、実習の時間は、源氏物語ゆかりの地を訪ねての撮影となります。


さて、以前にもちらりと書いたのですが、私はこれまで「歴史」っていうものに全く興味がありませんでした。
縄文時代の次は弥生時代だけど、そっから先はわかんない。
「源氏物語の世界」なんて言われても、一体なんのことやら・・・。


写真教室は初心者でもOKとのことでしたが、初回の講義に行ってびっくり。
みなさん年齢も京都暦も長く、何よりもとっても写真がお上手!
写真も初心者、京都も知らない私はかなり気後れしているのですが、写真の技術は仕方ないとして、「源氏物語」についての知識を増やすことくらいなら、自分でもできるなぁと思い、「源氏物語」を読んでみることにしました。


意気込んで本屋さんに行ったものの、「源氏物語」って長いんですね・・・。汗
とても次回の撮影会には間に合いそうにないなあと落ち込んでいたのですが、「源氏物語」を扱ったマンガってものがあるのですねぇ!!
あさきゆめみし」って、そうなんだ~~。

(中学生の頃、夢中になって読んでいたお友達がいたけど、興味なかったのですよ~)

早速、文庫版を、大人買いです♪

あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)あさきゆめみし―源氏物語 (1) (講談社漫画文庫)
(2001/08)
大和 和紀

商品詳細を見る



読み始めて、気づきました。
「源氏物語」は物語だから、平安朝の雰囲気を知ることはできても、必ずしも、現在の京都には繋がらない・・・。

そのあたりを埋めてくれる良い本は~?と、読み始めたのが「源氏物語の京都案内」。
「源氏物語」各章のあらすじと解説に加え、ゆかりの地、食べ物等が紹介されている良い本です。
マンガから与えてもらったイメージが、あそこへ行けば見られるのね、と思うと、興奮します。
撮影実習も楽しみになってきました。

源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)
(2008/03/07)
文藝春秋

商品詳細を見る



で、、、俄然京都の歴史に興味が沸いてきて、「図説 歴史で読み解く京都の地理」という本も、読み始めました。
京都の歴史や文化を地図上で読むことのできる、めっちゃおもしろい本です!
まだ読み始めたばかりだけど、これを読み終えた頃には、京都がもっと好きになっていそうです。

図説 歴史で読み解く京都の地理図説 歴史で読み解く京都の地理
(2003/10)
正井 泰夫

商品詳細を見る



なんて、偉そうに本の紹介なんかしましたが、私の歴史認識ってすごいんですよ。

794ウグイス平安京

って、フレーズは知っていましたが、それが、794年に、桓武天皇が奈良から京都へ都を移したって意味だってこと、つい最近知ったくらいですから!
(ドン引き、カモ~ン)
中学の授業中、なーにやってたんでしょうねぇ・・・。


ってことで、「源氏物語千年紀」のこの一年、源氏物語+京都の歴史に、どっぷりつかってみようと思っています!
この一年の間に、どのくらいの(私にとっての)新しい知識に出会えるか、今から楽しみです♪


あ、写真もがんばりまーす^^






Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/303-8debe607

Comment

ともちゃん

私、源氏物語好きなのよ。
大学の古典も源氏物語で、その時にマンガ本(あさきゆめみし)も買って勉強したこと思い出しました。
面白かったなあ。
shiollyさんは、プラス京都の地理や歴史も勉強してるのね。
相乗効果で、すっかり通になれそうですね(*^_^*)
新しいことを学ぶってわくわくして楽しいね。
  • URL
  • 2008/04/18 14:11

そら豆

でも、高校では、日本史と政治経済を選択していたな…
ぜんぜんダメだったけど…

写真と一緒に、歴史を学ぶ。
京都を知る。
すばらしいです!
  • URL
  • 2008/04/18 15:36

grazie

俺たち生粋の京都人より京都に詳しくなりますね。

写真楽しみにしています。
  • URL
  • 2008/04/18 17:50
  • Edit

SWEET69

歴史が苦手だったオレが来ましたよ。
あ~、頭痛いっス。
では終了。(笑)
  • URL
  • 2008/04/18 19:43

frusic

そうなんだよね。
仙台でイベントをやるらしい。

仙台は食と音楽がテーマ。
ぜひ、時間あれば仙台へ!

実は、知人が関わっているから。
私もぜひ行きたいと思っている。

でも、世界史や日本史は好きなんだけど、文学史になると ・・・
ダメなんだよな~。(笑)
  • URL
  • 2008/04/18 20:23
  • Edit

shiolly

わぁ! ともちゃんは、源氏物語がお好きなんですね!
「あさきゆめみし」を読んで、うちの近くまで光源氏が来ていたことを知りました。
びっくりです。
京都通への道は遠く長いので、ちょぼちょぼやっていきます~。
ほんと、新しいことを知るのって、楽しい~

shiolly

私は高校では歴史をやっていないんですよー。
日本史も世界史も。
中学生くらいの気持ちで、学んでいきたいと思います。

写真は、、、がんばらないとですね~。

shiolly

京都のことを知っても、京都人にはなれませんけどねー。
ゆっくり、がんばりますw

shiolly

歴史苦手さん、大集合~って感じですね。
仲間ができて、嬉しいですw

shiolly

え?仙台でもやるのですか。
なんでー。
歴史を知れば、理由がわかるのかなぁ。

京都にもいらしてくださいね。

まぁ

学生の頃は勉強ってほんと嫌だったのに、この年になると(ってどの年だ?)無性に学びたくなるよね。
分かるな~。
あたしは「源氏物語」大好きで、「あさきゆめみし」も読みましたよ。
「源氏物語」だけを大雑把に知るのにお勧めは、
「大掴源氏物語」(幻冬舎)!
1ページで1巻のあらすじを4コマまんがで説明しているという、なんとも無謀な本なのですが、これがけっこうおもしろいのです。
「まろ」っていうキャラがかわいいんです!

grazie

そのうちに京都人になりきってしまいますよ~(笑)
  • URL
  • 2008/04/21 12:42
  • Edit

しゃぼんmama

私も歴史が大嫌いだったのに、京都の歴史を人に教えなくてはならなくなり、ちゃんと学校でやっとけばよかった・・って後悔したけど、笑
京都がわかると歴史がよくわかったような気がします。
宇治の方でも千年紀のイベント色々やってます。
石けんの方は末摘花・・で止まっちゃった・・頑張らねば笑
しかし、毎回のお写真素敵~(*^。^*)うっとり~。
源氏物語フォト楽しみだわ~♪
  • URL
  • 2008/04/21 15:57

shiolly

大人になるにつれ、勉強の意義、素晴らしさが理解できるようになるのでしょうね。
「源氏物語」のこと、いろいろ教えてくださいねw
お勧めの本も、読んでみます!

shiolly

まずは言葉がしゃべれませんしねぇ…。

shiolly

京都がわかると歴史がわかる…まさにその通りですね!
だって、千年も都があったのだものーw
宇治の源氏物語ミュージアムに行ってみたいです。
石けんも、期待してます~。
写真は、、、ぼちぼちがんばります♪

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。