スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標は1万時間

  • 2007/12/18 14:23
  • Category:
『集中力の持続の目標は1万時間』

以前に読んだ、将棋将士の谷川浩司氏の本に書いてあった言葉です。
角川Oneテーマ21 「集中力」


「どうすれば子供の将棋が強くなるか?」という問いに対する彼の考えは、次の通り。

・継続的な努力によってのみ、上達や向上がある
・子供にはまず、継続的な努力を可能にする集中力を養うことが大切
・才能という言葉は、その上のレベルにいってからのこと

で、この集中力を得るために、10代のうちに1万時間は集中して将棋に取り組むことを勧めているのです。

『1万時間』は、ご自身の経験と、憧れの将士の言葉から導き出している数字。
とっても長い時間のように思うけど、
一日2時間取り組んだら13年、5時間取り組んだら5.5年で、プロへの道が開けるわけです。



私は、この『1万時間』という言葉が、えらく気に入りました。
「継続は力なり」ってことなんだけど、数字で言ってくれるとわかりやすいし、目標にしやすいもの。

谷川氏は、「10代のうちに1万時間」と言っているけれど、
なんでもモノにしたいって思ったら、まずは1万時間続けなさいってことなんじゃないかな…。


私、ピアノを始めてそろそろ30年になります。
一日1時間の練習だったとしても、27年で1万時間になります。
毎日弾いていなかった時期もあるし、子供の頃はもっと短い時間しか練習していないけど、
でも、そろそろ1万時間って言って良いんじゃないかなぁと思っています。

1万時間よくがんばってきたから、そろそろ自信持っていいよね。
いやあのね、今までも自信がなかったわけじゃないんですよ。
それなりの自信はあった。
でも、ここらでもうひとつ上の自信を持ってもいいかなぁって、思ってるわけです。





この「集中力」という本は、とてもおもしろかったな。
天才と呼ばれている人の思考がよく書かれていて、それが意外なほど常識的であり人間的であることに、深く感銘を受けました。
なんだか、しょっちゅう読み返しています。

集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))
(2000/12/01)
谷川 浩司

商品詳細を見る



同じく天才棋士・羽生善治氏の書いた「決断力」と両方読むと、直一層おもしろいです。
お互いに、「相手とはほとんどしゃべることはないけれど、彼のことは自分が一番良くわかっている」と書いているあたりなんて、わくわくしちゃいました。

決断力 (角川oneテーマ21)決断力 (角川oneテーマ21)
(2005/07)
羽生 善治

商品詳細を見る



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/224-d35129bd

Comment

ゆずぴ

ちょうど長男が今、将棋にはまってるの。
ヒカルの碁のファンの私としては囲碁をして欲しくて、福岡に住んでた時は囲碁教室に行ってたの。
(ここは囲碁教室ないんだ)
囲碁も将棋も先を読む力や想像力が養われるんだよね。
私、囲碁のプロ棋士の梅沢由香里に似てるって言われたことあるんだ♪
  • URL
  • 2007/12/18 15:49

ハチャ

だから1日1時間として5000時間か。
生きてるうちに、あと5000時間ヴァイオリン弾けるだろうか(笑)

でも、これ10代の話しですよね。
この歳になると、いったい何時間…???
  • URL
  • 2007/12/18 18:53
  • Edit

可奈

面白いですね☆私も買ってみよう…
  • URL
  • 2007/12/18 18:58

shiolly

梅沢由香里さんってどんな方か知らなかったので、検索してみたのですが…。
私の中のイメージとぴったり!
やっぱりゆずぴさんって、ああいう美人さんなのね♪
ウフフ、妄想中~☆★

長男君に、頑張れって伝えてください~

shiolly

確かに10代の話なので、年を取れば取るほど、時間をかける必要があるのですが…。
でも、「5000時間やったから、今はプロの半分くらいの努力」って思ったりしたら楽しくありません?

shiolly

ハイ、ぜひ。
可奈さんなら気に入ると思います。
2冊とも、読んでみてね☆

ハチャ

プロの半分の努力と
プロの1%の能力と
掛けて0.5%(悲)
  • URL
  • 2007/12/19 15:10
  • Edit

kayo

私もこの2冊去年買って読みました!作者はどちらとも想像を絶する天才なのに、天才は天才なりの壁や挫折があって、そこでの気持ちや考え方は私たちと同じすごく人間味のあるものなんだなあと思いました。天才も人間なんだ、人間ってやっぱりすごいんだと思いました。
1万時間てすごいけど、1時間の積み重ねなんだから、日々の1時間を大事にしなきゃな、と改めて教わりました。
  • URL
  • 2007/12/19 17:49

Omi

デザイン系の学校に進んだ娘が、入学式の日に初めに先生から言われた言葉です。
かなりの衝撃でしたv-19
あさはかにも「才能がものをいう」世界だと思っていたのですが、
絶対にそんなことは無いv-237そうです。
努力の上にこそ力がついてくるそうで、
「才能が無いから、、、」なんて口にしてはいけないと力説されていました。
価値観が変わるほどのお言葉で、
これを聞いただけで娘の進路に間違いは無かったと思えました。

好きなものに集中できる空間と時間を与えてあげること、
これが親にできる最高の教育かもしれませんね。
  • URL
  • 2007/12/21 08:20
  • Edit

shiolly

一万時間に行くまで、能力は掛け算しちゃだめなんですよー。
まずは努力です、努力。

お互い、がんばりましょ~。

shiolly

kayoちゃんの言うとおり、「天才も人間なんだなあ」って、私も思いました。
すごく嬉しかったのは、私が悩み考えている頃が、彼らとそう大差ないって思えたこと。
私にだってきっと、天才と呼ばれる部分があるに違いない!って思いました(ポジティブなんで)。
時間はかかると思うけど、私たちにだって、新しいステージが待ってるよね。
それを目指して、がんばるよ~。



shiolly

「努力を超える才能は無い」かぁ・・・。

そこまではっきり言ってもらえると、やる気も出るし、自分のしていることに責任感も持てますね。
選択したのは自分なのだから、努力をやめてはいけないというかー。

アキちゃん、デザイン系なのかぁ。
らしいです、とっても!
どんな大人になるのか、遠くから、楽しみに見守っています。

私はね、子供の頃の成功体験が重要かなぁって思います。
私がピアノと勉強を続けられているのは、子供の頃に、それなりの成果があったからだろうなぁって。
その経験を活かしながら、新しいことに挑戦していきたいです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。