スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪彦山登山

  • 2007/10/24 13:29
  • Category:
みなさん、こんにちは!
京都はとても清清しいお天気で、そこら中が観光シーズン突入といった雰囲気です。


先週の土曜日、兵庫県の雪彦山(せっぴこやま)という山でアドベンチャーな登山をしてきました。

なぜアドベンチャーかって?

だってね、すごい岩山で、
手を使わないと登れないし、下りるときはおしりでずるずるすべってたし、
ロープや鎖をつたって下りるところが何箇所もあったし、
とにかくなだらかなところがほとんどないんです!!

って、いきなり興奮しちゃいましたが、撮ってきた写真を元に、雪彦山の紹介をしたいと思います~



登ったメンバーは、夫の会社関係の男性3人に、夫と私。
中心となって下さってる方は、この山に年間10回も登ってるんですって!
そういう方がいると、安心です★



奥に見えている岩の塊が、雪彦山です。
「あれに登るのか~」と思うと、ちょっと気持ちが萎えるくらいの迫力でした。汗

一番右側の、三角に飛び出てる岩の部分(ちょっと低いところね)に立った(正確には、四つん這いになった)写真が、後から出てきます。
雪彦山 遠くからの眺め


山はほんとに岩だらけで、段差の高い階段を、うんうん言いながら登っているような感じでした。
10分も登ると汗ばんで、声も出ないくらい息がはあはあ。
これ↓は最初の休憩地点ですが、岩がすごいでしょう?
最初の休憩地点 岩だらけ~


一枚目の写真の、三角の部分に辿りつきました。 この背中はワタシですw 
恐る恐る下を除いています


三角のところからの眺め。ひゃっほーいぃ。
眺めは最高~


山頂(大天井岳)に着いたのは、歩き始めて2時間ほど経ったころ。
でもここは狭いので、食事は別の場所で。
山頂


思いっきり逆光ですが、岩登りの練習をしているところの写真です。
お昼を食べるためには、これより大きな岩を登らないといけいということで。
岩登りの練習中


お昼を食べた場所からの眺め。雲がだいぶ近いです。
雲が近い~


お昼は、コーヒーにソーセージつき。一緒に行った方が、ふるまって下さいました。
コーヒーを淹れているところ ゆでたてソーセージ


雪彦山は、ロッククライミングもできるんですって。
このクライマーさん↓、このあとズリッて滑ります。
しっかりとロープにつながっているから落ちることはないのですが、その「ズリッ」っていう音が怖かった~
ロッククライマー


紅葉にはまだ早かったけど、お天気も良く、とても楽しい登山でした。
夫の撮影


登ってお昼食べて下りるの全行程で、約6時間。
普段運動をしない私にはとてもハードでしたが、空気はおいしいし、空はきれいだし、言うことナシでした。
筋肉痛もたいしたことなかったしvv



重複するものもあるけど、写真をスライドショーにしました。
ぜひ、ご覧下さい~


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/186-f5b173e4

Comment

さすけどん

すんごい切り立った崖ですね・・・(゚∀゚;)
休憩ポイントも思いっきり岩山だし
写真を見ているだけなのに、手に汗握ってしまいましたよぉ。

でも、山登りでの達成感や爽快感って
他では得られないものですよね♪
目線が雲と並ぶなんて、本当に素敵!

もちろん、写真もとっても素敵ですよ♪

いくっち

まぁぁぁぁ。
素晴らしい景色!
しかし、Shiollyちゃん、たくましくなってきたね…(*`д´)b
  • URL
  • 2007/10/24 17:54
  • Edit

LEY

雪彦山 なつかし~。

昔、姫路市に住んでいたので 雪彦山はわりと身近な存在でした。
といっても登ったことはなかったですが。
けっこうハードな行程なんですね。知らなかった。

ハチャ

いいお天気ですねぇ~!
七種山や明神山も良く見えているし。

何度か登りました。
でも、ここの壁は登ったことないですね。

岩登りは登っているより見ている方が恐く感じるものです。
  • URL
  • 2007/10/24 19:01
  • Edit

booshino

こんばんはbooshinoです^^
スライドショーとてもドキドキしながら
見ました(´Д`;)とても綺麗でしたよ!
登山なんてもう14~5年してません・・・
booshino小・中・高校と遠足は登山でした。
それっきりですが・・

でも岩ばかりで、降りる時怖そう(TT))

  • URL
  • 2007/10/24 21:41

まぁ

スライドショーすてき!

あたしも山に登った気分になれました。
全然きつくなかったけど…。

あたしにはムリっぽいけど、ただ坂道を歩き続けるより、岩を登っていくほうが、スリリングで楽しそう!

って、第三者のお気楽コメでした。

kuro-san

すんごい山じゃないですか!
さら~っと記事の写真を見たときは
一瞬ロッククライミングされてるのかと!

眺めもサイコーですね!

あずき

すごーい!(゚∀゚*)
時折「すご!」と呟いてしまいました!(爆)
と言うか、クライマーさん凄い!!!
私なら駄々を捏ねてでも登りません(笑)
やっぱり、山になれている人は違いますね~
ふふふ。shiollyさんの後姿、可愛い♪

素敵な思い出になった事でしょうね(^▽^)
  • URL
  • 2007/10/25 11:48

shiolly

さすけどんさんへ

ほんと、『崖』でしょ?
最初に「あの山だよ」と言われたときは、背筋がスーッとしちゃいましたもの。

でも山って、時間をかけてゆっくりと登れば頂上までいけるから、おもしろいです。
「人生諦めるが負け!」みたいな教訓が、頭に浮かんだりしてねーっ。

こういう登山は今回で2回目なのですが、ま登りたいなあと思ってます。

shiolly

いくっちへ

ほんと、素晴らしい景色だったよー。
疲れよりも、爽快感のほうが強かったもの。

>しかし、Shiollyちゃん、たくましくなってきたね…(*`д´)b

え?ホント?
でもさ、一応水大生だし・・・。

shiolly

LEYさんへ

まあ、姫路市在住だったのですね!
姫路といえば、やっぱり松浦亜弥ですかねぇ!!?

雪彦山は、関西でもかなりアドベンチャー感の高い山なんだそうです。
いやほんと、おもしろかった。
また別の季節に登ってみたいです。

shiolly

ハチャさんへ

え!
ハチャさんって、岩登り屋さんなのですか?
すっごーーーい。
かっこいいぃぃ。
私は高い所が苦手なので、ムリだろうなー。
鎖場下りるときも、ひーひー言ってましたから。

shiolly

booshinoさんへ

登山って、あんまり自発的にはしませんよねぇ。笑
私も、誘ってもらう機会でもなければ、行きません。
怖いもの・・・。

でも、行くと、とっても楽しいですよ。
booshinoさんも、誰かに誘われたら、ぜひ行ってみてくださいね。

スライドショーも見てくださって、ありがとうございました♪

shiolly

まぁさんへ

おっ
山登り気分を味わっていただけたのなら、本望です~。
楽しかったですよ、とっても。

>ただ坂道を歩き続けるより、岩を登っていくほうが、スリリングで楽しそう!

そうですねぇ。
変化に富んでて、楽しかったですねぇ。
でも、坂道ぶらぶらのほうが、あれこれおしゃべりもできるし、気楽でいいかも。
あーでも、岩登りの捨てられないなぁ・・・。

お子さんが大きくなったら、家族みんなで山登りにトライしてくださいね~

釣志(ちょうじ)

こんにちは

ほんと、本格的な山登りですねー(ビックリ)
それも驚きだけど、もっと驚いたのが、
画像の綺麗な事。
プレゼントしてもらったあのカメラで撮ったのかな?

何だか、私も山に行ってみたくなっちゃいましたよ。

shiolly

kuro-sanへ

いやぁ、さすがにロッククライミングはやりません。汗
怖いですもん、正直言って。

「姫路のほうの山に登ってきた」と京都の人に話したら、
「なんでわざわざそない遠いとこへ行かはったん?」と聞かれました。
今度は、京都の山に登らないとなー。

shiolly

あずきちゃんへ

ロッククライミングは私もいやだけど、
半日かけての山登りは、案外楽しいよ。

まあこれは、一緒に行った人たちが優しかったから、というのが大きな理由だと思うけど。
男性に混じっての登山だと、当然私一人が遅いわけで、
でも誰も「急げ」とも言わず、ちょっと先まで登っちゃ待っててくれるっていう心遣いが嬉しかったな。

あずきちゃんも、そういう出会いをしてください~

shiolly

釣志さんへ

本格的でしょう?
私も、ビックリですもの、いつも。
でも、年配の女性を見かけると「負けてられないなあ」って思いますねー。
山は楽しいし、また登りたいです。

そうそう、プレゼントしてもらったカメラを背負って行ったんですよ^^
崖からの撮影は怖かったけど、持って行って良かったです。
今度は写真撮影をメインに、どこかへ行きたいな~

ともちゃん

スライドショー楽しい!!
私には岩を上るなんて怖くてできないけど、
スライドショー見ながら
まるで自分もそこにいるような、
そんな気持ちになりました。
山の空気とか風とか感じた気分。
ありがとうね~~

shiolly

ともちゃんへ

スライドショー、楽しんで頂けたようで嬉しいです。
ロッククライミングは私にもムリですが、ちょっとの鎖場とかなら、なんとかなりますよー。
もちろん、ぎゃあぎゃあ騒ぎながらですが。

山は、ほんとに空気が良いですよね~。
マイナスイオンもたっぷり浴びたって感じでした。

あと私、シダ植物を見るのが好きでねぇ。
なんかこう、恐竜とか出てきそうな感じが好き。
そんなことも、楽しんできました♪

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。