スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳を疑う言葉

  • 2007/10/17 11:59
  • Category:
「引退は考えなかったのですか?」

松田聖子が神田正輝と離婚するという記者会見をしたときに、リポーターがした質問(1997年)。
女性の社会進出が進み始めた時代。
こともあろうか「松田聖子」ほど成功している女性に向かって、
「引退して、専業主婦になる道をなぜ選ばないのか?」という類の質問。
なんて嫌な世の中なんだ!!と思ってました。
でも、私が結婚する頃には、ちょっとはマシになってるだろうとも思ってたな。



「結婚したら、家事はなさいますよね?」

先日の、神田うのの結婚会見で、女性リポーターがした質問。
うのちゃんはあっけらかんと、「やりません」と答えていたけど、当然です!
神田うのほど実業家として成功している女性に、同じ女性が「家事をするかどうか」訊ねるなんて!!

どーして、いつまでたっても「男は仕事、女は家事」っていう考え方からから逃れられないのでしょう。

うのちゃんに対しては、会見を面白おかしくするために聞いたのかも知れないけれど、
こういう発言が「女が家事すべき」って考え方を助長するんです。
いい加減、やめてもらいたい。
同じ質問を、旦那さんにもして下さいっ



「それじゃあ、旦那さんに頭が上がらないでしょう?」

これは、先日美容院で、年の近い男性美容師から私が言われた言葉。
家事の分担はどうしてる?みたいな話をしていて、
「うちの夫は、掃除機がけ、洗濯、洗い物をしてくれる」と話したら、こう言われました。

なんで?

私だって働いているし、家事もしてる。

なのになんで、夫が家事をしたくらいで「頭が上がらない」状態にならなきゃいけないの??

意味わかんない。





ーって。
ものすごく怒ってるわけじゃないんですが。
吐き出しとかないと私に悪い影響が出そうで、つい書いちゃいました。

気分を害された方がいたら、ごめんなさいです。



でもねえ、おかしいですよ。




Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/182-b15105fb

Comment

ゆずぴ

あー、なるほどねぇ。
確かに決め付けなのはイヤですね。

私は専業主婦してるので家事は全部するけどね、
妊娠や出産は女しかできないからするけどね、
だけど主夫っていうのがもっと増えてもいいんじゃないかとも思う。

まだまだ女性は生きにくい世の中だとは感じますね。
  • URL
  • 2007/10/17 13:18

あずき

確かに、女性は家事をする、という印象の世の中ですね。
だったら、家事をしている男性はどうなるんだって話です。
決め付けられては困りますよねぇ…。
「差別をなくそう!」とは言っているけど、
結局身近で差別があっちゃ話にならない。
女性がなめられる理由がわかりません。

もう少し、世の中が進歩してほしいですね;
  • URL
  • 2007/10/17 13:42

さすけどん

確かにそういう決め付けっておかしいですよね。

私事で恐縮なんですが、子供を保育園に入園させる時に親戚から
「親の都合で仕事をするのに、子供を保育園に預けるなんて育児放棄も同然だ」と言われました。
今まで、可愛がってくれていた叔母の言葉だっただけに
その時は只々、悲しかったのですが
今は逆に、そういう考え方しか出来ない叔母を可哀想に思います。

個々の家庭ごとに状況や方針が違うのだから
世間も、もっと柔軟に対応して欲しいものですよね。

あー、なんか愚痴っぽくなってしまいました。
shiollyさん、ごめんなさい。

frusic

みなさんが仰るとおり、決めつけはよくないと思います。
私の妻は、専業主婦ですが、ゴミ出しとお風呂洗い(仕事が遅いと妻がやる)は、私の役割です。
でも、妻がいなくても家事は全部しますよ。
一人暮らし長かったし。
その家ごとで分担はすればいい。
ただ、娘が結婚するときは、相手の男性が一人暮らしの経験があり、家事ができるかがポイントです。やれないのは、ダメです。

ただ、娘の成長をずっと見続けている妻を見るとときたま、羨ましく思うときがあります。

kuro-san

男=仕事 女=家事って感覚自体古いんですが、海外では一般的に男も女も働いてます。
結婚してたって働きます。
男も女も家事をします。
それを楽しめないようでは、逆にしんどいですね
うちも共稼ぎですが、二人とも料理も洗濯も掃除も子育ても親の面倒も適当に分担してやってます。
特に料理なんて、食べたいものを自分で作らないと出てこないことの方が多いですから^^
!ちなみに神田うのちゃんのウェディングは西大路五条ら辺にある京都の会社です。
京都はウェディング関係の会社が多いんですよ。

shiolly

ゆずぴさんへ

大人になるまで、男女は平等と信じてきたけれど、
やっぱりまだまだ女性は下に見られてるなあと思います。
ゆずぴさんのように、女性は生きにくい。

私は、きめつけられるのが大嫌い。
やりたいことをやりたいように(人には迷惑をかけないで)やっていきたいんです。

shiolly

あずきさんへ

女性がなめられる理由って、ほんとわからないよね。
学校では、確実に女性のほうが成績が良いのに、社会に出たとたん「女の子扱い」ですもの。
まあでも、私自身、その「女の子扱い」に甘えているところもあるので、あんまり偉そうには言えないんだけど。

あずきさんが結婚する頃には、もうちょっと女性の活躍が認められる世の中でありますように。

shiolly

さすけどんさんへ

いやーーーん。
そんなこと言われちゃったの?
そりゃ、悲しかったでしょう。
アンタの価値観おしつけないで!って感じですね。

そうそう、大切なのは柔軟性ですよね。
ムカシみたいに、「子供は二人で団地住まい(どっかの大臣の言葉?)」が幸せってわけにはいかないのだから。
どんどん多様性が受け入れられる世の中になって欲しいです。

shiolly

frusicさんへ

私の父は、一人暮らし暦もあるしお料理も得意ですが、家事はしませんねぇ。
まあ、もう60歳になろうって人だから、仕方がないのかも知れませんが。
ただ、じゃあ母がばりばりの専業主婦かというとそうでもなく、お互い様なのだろうなと思います。

子供の成長を見られるっていうのは、ポイント高いのですね。
私にはない感覚ですので、新鮮でした。

これからも、たくさん家事をするお父さんでいてください!

shiolly

kuro-sanへ

その考え方が古いってことはみんな知っているのに、なかなか実践できない世の中ですよね。
それをしっかり実践しているkuro-sanはすごい!
かっこいいです。
夫婦は、支え合うものですからね。
どっちがどうってことなく、相手を思いやった行動を取りたいなと思います。

京都はウエディング関係の会社が多いのですかー。
生地屋さんとかが多いからかな?

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


04 ≪│2017/05│≫ 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。