スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意されないピアノレッスン。

今の先生に習い始めてもうすぐ5ヶ月。
最初は先生のレッスンスタイルに戸惑ったりもしましたが、最近では、先生の方針を私なりに理解できるようになってきたかなぁと思います。


先生のレッスンの特徴は、絶対に怒らない、押し付けない、注意しない、ということだと思います。
ピアノのレッスンと言うと、厳しい厳しくないにかかわらず、音の間違いを注意され、ここはこういう風に弾きなさいと強く言われる、練習していかないと怒られる、というものだと思っていました。


ところが、先生は絶対にそういうことをしません。


もちろん、完全に間違って覚えている音については「違う」と言われますが、外してしまった音に対して「また外した!!」みたいなことは言われません(私は間違えの多い演奏者だったので、しょっちゅうこう言われていました)。
弾き方についても、個々の音に対しての細かい注意はなく、曲全体を理解できるように方向づけてくれているな印象です。


レッスンを受け始めた頃は、音の間違いを注意されないし、「こうやって練習するといいわよー」と、「この曲はこういう曲なのよ~」という説明ばかりで、「じゃあ、具体的に私はどこを直せばいいの?」と思ってしまっていました。
「もっと注意して~~!!」みたいな。笑。


多分、長年のレッスンの経験から、注意されることに私自身が慣れてしまっていて、自分がどうしたいとか、こうなりたいとかの前に、注意されないように、先生の言ったように弾こうという想いのほうが強くなっていたのだと思います。


一方で、間違えると注意される、という思いから、一歩弾いた気持ちで演奏していたような気がします。
私はどうせ間違える、この程度の演奏者です、みたいな開き直りもありました。


でも今は、否定されない(ダメ、間違っていると言われない)という安心感があるから、カッコ悪いも間違いも含め、「これが私の演奏です」と正面きって言えるようになってきました。
先生は、私の演奏をじーっと聴いてくれ、さらにレベルアップするための手法と知識を与えてくれる。
先生ご自身が、弾くのは自分ではなく生徒なのだ、ということを、よく知っているからできることなのでしょうね。


厳しく注意するレッスンを否定するつもりはありません。
繰り返す間違いは注意すべきだし、音に対する指示も必要だと思う。


大切なのは、今、自分がどんなレッスンを受けたいかをはっきりさせることなんだろな。
自分がどんな演奏をしたいのかをしっかり持って、それをわかってくれる先生に出会わないといけないんだな、と思いました。


さあて、シューベルトの発表(先生のお宅でのホームコンサートです)まであと2週間ちょっとです。
今よりも数段レベルアップした「私の演奏」になるよう、がんばりまーす!



※生意気なことを言いましたが、所詮はアマチュアの戯言ですので。
※私は今まで習ってきた先生のことも大好きです。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ


一週間前の私の演奏はこちらです。間違い多いけど、一生懸命弾いています!

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiollyblog.blog96.fc2.com/tb.php/112-088fc557

Comment

yokko

こんにちは!

先生のことを理解し 又先生も生徒を
理解出来る。 
レッスンで 一番大事なことだと思うし
理想の関係ですね。
そうなってしまえば どんどん技術が
伸びるし 音楽性も花開く!!

私も 大賛成!です。

釣志(ちょうじ)

うーん。
私、音楽の事は全然わからないのだけど、
子育てに通じるお話だなーと思いつつ、
読ませていただきました。

shiollyさんて、すっごいいいお母さんに
なれそう・・・素敵だね♪

はる

注意されないレッスン!
経験が無いので(笑)想像がつかないのですが、
本当にいろんな先生がいるんですね~。
自分にとって、良い先生にめぐり合えるのは
とてもラッキーなことですよね。
ホームコンサート、頑張ってね♪



  • URL
  • 2007/06/30 22:16

shiolly

*yokkoさんへ

賛成していただいてウレシイです♪
物足りないな、と思ったこともあるけれど、そうではなくて、発信しているのはこちらなんだと思ったら、とても楽しくなりました。
音楽性が花開くといいな・・。





*釣志さんへ

子育てか~。
どうなんだろ。
なんとなく、大人であることが前提の、理想論のような気もしますが。。
でも子供とも、一人の人間として向き合う時には、同じことが言えるのかな・・・?




*はるさんへ

生徒もいろいろだから、いろんな先生がいてくれないと困りますもんね!
お互い良い先生に出会えているのだから、やっぱり頑張らないとだね。
はるさんのこと、応援してます!!

KUMI☆

shiollyさん、こんばんは♪
ブログに訪問&コメントをありがとうございました。
ピアノ習われているのですね♪
演奏も全部聴かせていただきました。
うちの中2の次女がピアノをちょっと頑張っているので、アドバイスお願いしますね♪

88鍵奏者

ん~!素晴らしい!!!
shiollyさん、良い先生に巡り会えて幸せですね~!

確かに先生と言えども人間ですから色々な方がいますよね。
学校の先生みたいにこちらから先生を指定出来ないために、その教科が嫌いになってしまう(私の場合は数学)事もありますよね。
先生との出会いは大きいと思います。
現在の私も過去に師事した先生によって、音楽観が形成されたとも思います。

私はshiollyさんの今の先生の考えに大賛成しますネ!
シューベルト、頑張って下さい!!!
  • URL
  • 2007/07/03 02:56

shiolly

*KUMI☆さんへ

ブログへお越しいただいてありがとうございます♪
演奏も聴いて下さったのですね!ありがとうございます!!

そうですかー、お嬢さんもピアノをー。
大人になっても、ピアノ好きでいられるよう、お祈りしています♪
  • URL
  • 2007/07/03 13:38

shiolly

*88鍵奏者さんへ

子供の頃、厳しい先生の下で厳しいレッスンを受けて、せっかく技術はついたのにピアノはキライっていう人を見ると、悲しくなります。
私は厳しいレッスンじゃなかったから音楽家にはなれなかったけれど、おかげでピアノを心から楽しめる大人になれました。
よかったなぁと思います。

今の先生は、ほんとに素晴らしいです。
どんどん吸収して、うまくなりたいなー。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


05 ≪│2017/06│≫ 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。