スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 『 光明寺の紅葉 』 その3

今回は、「影」を撮ったものを載せます。
思い切ってモノクロにしてみたものもありますが、いかがでしょうかねぇ・・・。




14.鳥居に映ったもみじの影





15.白壁に映るもみじ。わかりにくいかなぁ・・・。





16.モノクロです。





17.樹にもみじ





18.おもしろいかなと思って撮ったもの。





19.18と同じものをモノクロにして、横位置で撮りました。





20.18、19の影のところだけ撮ったもの。んー。どうでしょか。





21.これは葉っぱの形が悪いかなー。





まあ、こんなところですかねー。
お教室は12月11日。
それまでに、頑張って6枚選びまーす!


スポンサーサイト

写真教室 『 光明寺の紅葉 』 その2

光明寺の写真の続きです。
7、8、9番はマクロレンズを使って撮ったものです。


7.いろはもみじ?





8.天使の羽





9.セミの抜け殻





10.これは望遠レンズか。ちょっと何が写っているかわかりにくいですかね。





11.これもボケすぎかな。





12.こんなのも撮りました。幕越しに見える木の葉が、ちょっと寂しいですけど・・・。





13.京都っぽい一枚w 作品としては弱いか・・・。




あと何枚か見て頂くことになるかと思います。
コメントよろしくお願いしますww


写真教室 『 光明寺の紅葉 』 その1

動物園の写真を中途半端にしたまま、一か月が経っちゃいましたー。
勉強会の講評も載せてないし・・・。
ま、またそのうち、振り返って載せたいと思っています。





今月の撮影会は、長岡京市にある光明寺というお寺で行われました。
光明寺って、JR東海の「そうだ京都、行こう」キャンペーンで取り上げられているのですね。
どうりで混んでるわけだ。
京都ではJR東日本のCMは見られないわけで、なーんか、変な気分です。

今年の紅葉は、寒くなった後一度温かくなっちゃったため、イマイチです。
急に寒くなって、そのままぐぐっと温度が下がらないと、真っ赤にはならないんですよねー。
京都の秋は5回目になりますが、完璧な紅葉はなかなかお目にかかれないもののようですよ。







今回は、「いかにも紅葉」という写真を集めました☆
あまり作品的ではないけれど、なにかコメント頂けると嬉しいです。




1.一部、赤い木もある、という感じですかね。





2.





3.





4.作品ぽくなってきたかな。





5.まだ黄色いですねー。





6.手前に緑の葉っぱを散らしてみました~





まだまだ続きます~。


THIS IS IT 

マイケル・ジャクソンがとても好きでした。
マイケルが亡くなったことでずいぶん落ち込みましたし、DVDやCDを買い漁ったりもしました。
そしてようやく、今日 『THIS IS IT』を観てきました。
以下に感想を書きますが、内容にも触れるので、映画の内容を知り合くない方は、読まないようにしてくださいね。

 

************

映画は、オーディションで合格した若いダンサーたちの、マイケルに対する尊敬と憧れの言葉で始まります(もちろん、マイケルが亡くなる前の話)。
自分がどれほどマイケルと踊れることを喜んでいるか、涙ながらに語る男性たちの姿は非常に印象的で、そしてとても悲しい。
「ロンドン公演の初日がどんなにすごいことになるかは、想像すらできない」という言葉が、別の意味をもって胸に突き刺さってきます。

マイケルのリハーサルを目の当たりにして、歓声を上げる若いダンサーたちの姿が、私自身と重なって見えました。
あの場にいて、キャーキャー騒ぐのは私(=私のようなファン)だったはずなのに。
でも彼らのようなマイケルファンが、マイケルと一緒に踊っていてくれたという事実が、素直に嬉しくもありました。




リハーサルを収録したドキュメンタリー映像、というのが映画の宣伝文句ですが、この映画を見ただけでは、コンサートの全体像を知ることはできません。
立体的な移動が可能な舞台セット、映画並みの映像、花火やファイヤーアクションなどが出てくることはわかりますが、どういう組み合わせで、どんな風に仕上げるのか、想像が及ばないんです。
今までに観たことのないようなものだったに違いない、という言葉で表現するのがやっと。
マイケルが 「人々は、日常を忘れさせるものを望んでいる」 というよなことを言っていましたが、まさにそれが具現化されたものになったのでしょうね。
観られなかったことが、本当に悔しい。



とっても印象的だったのは、「I LOVE YOU」 や 「God bless you」という言葉を、マイケルがしょっちゅう口にするということ。
スタッフに何かを要求した後やちょっとした会話のなかで、何度も何度も繰り返し言うんです。
圧倒的なカリスマがあって、誰よりも高い位置にいる人から、「I LOVE YOU」 や 「God bless you」 と言われたら、どんなに嬉しいことだろうかと思います。
だからみんな彼のもとに集まり、彼に心酔していくのでしょうね・・・。




とにかく残念。
そればっかりが浮かんでしまいますが、映画はまた観たい。
何度でも観たい、そう思わせる映画でした。

************



実は昨日、1988年の映画 『ムーンウォーカー』 も観てきました。
特別上映していたのです。
その映画のハイライトでもあり、マイケルのコンサートでの人気ナンバーでもある Smooth Criminal の映像を最後に貼っておきます。
とにかくかっこいいので、一度ご覧ください。
私なんて、携帯に動画を取り込んで、持ち歩いちゃってます。





ガラスエッチング 第2弾。 失敗気味です・・・。

昨日100円ショップに行き、ガラスのボトルと鏡をいくつか買って来ましたw
一回目にエッチングしたものはほとんど線で出来た模様でしたから、今回はエッチング面積が大きくなるような絵柄を選んでみました。
もう11月も半ばなので、クリスマスの模様です☆




クラフトロボでマスク用のシールを作成して、ビンに貼ったところです。



シールを貼った状態の方が、わかりやすくてかわいいんじゃない?と思いつつ、エッチング。




できあがりは・・・・・・・・・・・あちゃー、模様にムラができちゃいましたっ



刷毛の模様が出ちゃっているようですー。
使用説明書にも書いてあったのですが、エッチング剤は刷毛で伸ばすよりも、こんもりと載せるほうがうまくいくんですって。





ということで、こんもり載せて、再チャレンジ。






どうでしょ。先ほどより、うまくできたようですが・・・。



それでもちょっと、線が入っちゃってますね。
刷毛で塗るよりも、ヘラのようなもので塗るほうがいいかも知れませんねー。
絵柄も、細すぎず、太すぎず、大きすぎず、を考えたほうが良さそうですしね。
次回に工夫してみます。




それにしても、物づくりは楽しいな。
次はどんなものを作ろう。。。



Pagination

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


10 ≪│2009/11│≫ 12
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。