スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真展、無事に終わりました。

写真教室の作品展、本日をもって無事に終了いたしました。
見に来ていただいた皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回は、組写真で出品いたしました。
自分としては気に入り納得したものを提出したわけですが、皆さんの目にはどう映ったのでしょうかねぇ・・・。
見に来てくださった方が私の写真の前で立ち止まり、じーっと見てくださっている様子にはドギマギするものの、素直に嬉しい気持にもなります。
ほんの少しでも、どなたかの記憶に残ってくれたら・・・と思わずにはいられません。




会場で撮ってきた写真です(右側に私が写っちゃってます)。
ちょっと色が悪いけど、雰囲気は伝わるかな。



『 想夫恋 』





タイトルの 想夫恋(そうふれん) は、以前宝塚歌劇の芝居のタイトルに使われていた言葉で、記憶に残る素敵な文字の並びだなぁと思っていたものです。
調べると雅楽の曲で、「男を恋する女心の曲」とのことで、私にぴったりかと思い(笑)、この写真のタイトルにしました。




さあて、来年に向けて、また頑張りますか。


スポンサーサイト

写真展、開催中です。

もう明日で終わっちゃいますが、写真教室の作品展が開催中です。
私は最終日が会場当番で、11時から14時までおりますので、良かったら声をかけてくださいね。
私の作品は・・・、また後日掲載します。

==========================================
クレエ写真教室 第7回 作品展

日時 2009年10月20日(火)~10月25日(日)
         11時~19時 (最終日は17時まで)

会場 画箋堂 3F
==========================================



時代祭 2009

今日(10月22日)は、京都三大祭のひとつ、時代祭を見に行ってきました。
お昼休み(+アルファ)を利用して見に行ったのであまり時間がなかったのですが、なんとか撮影した写真をアップします~。

時代の順番とかごちゃごちゃですけど、お許しを




和宮さんです。
(めちゃくちゃかわいらしい女性だったので、お顔をアップしちゃいました☆)






静御前










大原女















巴御前










行列のようす










日本が大好きで日本に留学してきている中国人の女の子と見に行ったのですが、二人で大興奮でした。
京都ってホントにすごいところですよねー。
一年に何回も、こういうものを見ることができるのですから。


写真教室 『 京都市動物園 』 その1

このところ、ブログの更新回数がすっかり減っちゃってます。
なんだかんだで、ちょっと仕事がバタバタしているんですよねー。
帰る時間は変わらないんでしょうけど、気持ちが忙しいというか。


ぐだぐたしているうちに、またまた写真教室の撮影会でした。
今回は京都市動物園
京都にも動物園があるんだぁ、って思いません?
観光客がイメージする京都とはだいぶ違うと思いますが、かわいい動物がたくさんいる、かわいい動物園なんですよ~。

動くものが主題になったのは、大原女を撮って以来。
連射機能も使っていたので、ものすごい枚数を撮りましたが、動物たちは動くので、ピンボケ写真が多いです・・・。
ぼちぼちアップしてきますので、よろしければコメントくださいね。




1.抜群のスマイル。ダチョウ。





2.アカゲザルの子ども。わざわざ写りに来てくれましたw





3.後光?がまぶしいイグアナ





どうやって選ぶか、どんな組写真を作っていくか、悩みの日々は続きます。


写真の講評 『 西本願寺 御影堂 』

先週の金曜日は、写真教室の勉強会でした。
勉強会の冒頭、 「自分は写真を45年やっているが、今でも楽しくて楽しくて仕方がない」というお話を、先生がして下さいました。
45年間飽きることなく、楽しく続けている方に習えるなんて、私はなんて幸せですよね~。
先生っ。これからも、付いていきます!




今回は、こんな表紙を用意しました。

どこの国の方かはわかりませんが、息子さん夫婦がお母さんを日本旅行に連れてきた、という雰囲気のご家族でした。
笑顔が印象的でしたねー。

とくにこれといって、コメントはなかったですね・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

今回から、組写真か単写真かを自己申告することになりました。
私は、「組めそうで組めない写真が2枚、組写真3枚、宿題1枚の順に並んでいます」と申告しました。



組みそうで組めな写真2枚は、こちらのふたつ。

そういえば、この写真に対しては、個別具体的に講評をもらえなかったんだった。
こちらから聞いてみれば良かったです。   

 

 

 

 

 

 

 

先生のコメントは、このオレンジ色で書きますね。

良い光を捉えているけれど、上の釣り灯籠と、金髪の女性のバランスが悪い。
女性が主役なのだから、釣り灯籠ははもっとカットするべき。
これでは、上半分、下半分別の写真になってしまっています。
あ、そうか! 金髪に金色を重ねたか!
気持ちはわかるけど、金色の飾りである必要はなかったのでは?
この女性が本当に気に入ったのなら、声をかけて、撮らせてもらうくらいしたらよいですよ~。

と、先生。
金に金に重ねることばっかり考えていたことまで、見抜かれちゃいました。笑

それから、上の写真と合わせて、

この2枚にはまったくつながりがないのだから、単写真2枚、と言って、提出しましょう。

と言われました。
なはは。やっぱり無理だったか・・・。





 

 

続いて組写真。タイトルは、「向こうの世界へ」ですw

西本願寺まとめ4

『まず入口に門があって、橋を渡っていくと、ピカッと光が見えるというストーリだ』と説明したら、本人がそう思っていても、周りには伝わらないですよ~ とキビシイ一言。笑

でも、 この3枚を組んだのは、とても良かった と言っていただきました。
組写真の内容を褒めていただいたのは初めてだったので、嬉しかったですw


個々の写真に対しては、

1番の、唐門をモノクロで表現したのは、とても良かった。力強いし、なんだか色が見えるような気がしてくる。
2番は、なんでカラーを残したのー? 力強い1番のあと、何が来るのかな?と期待させて、これではだめです。モノクロにしましょう。
3番は、良い見つけて撮っているけれど、両脇がなにかはわかりにくいですね。

というコメントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2番をモノクロにして、組写真としてきちんと並べると、下のようになります。
3番はモノクロのほうが良いとは言われなかったのですが、とりあえずモノクロにしてみました。

西本願寺モノクロまとめ1

なんていうか、自分の写真じゃな見たいいに思えてきた。
男らしい作品ですね、これ。

 

宿題の 「御影堂」 には、予定通りこれを持って行きました。

なんだか顔に見えてきますね。手前の丸は眼鏡のようにも見える。面白い一枚だ。

と、褒めてはいただいたのですが、

でもねぇ、これには宿題の 「大屋根」 が写ってないですよ(笑)

と一言!

そういえば、宿題は 「御影堂の大屋根」 って言われたのでした。
これは屋根の一部だけと、瓦が写ってない・・・。
いやぁ、先生の話は、ちゃんと聞かなきゃいけませんね (^^ゞ

 

 

 

次回は、動物園!
楽しみだ~。

 

Pagination

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


09 ≪│2009/10│≫ 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。