スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室 『 西本願寺 御影堂 』 その3

写真教室の勉強会の日が近づいてきました。
今回は夫の出来がすごく良くって、なんだか悔しかったので、もう一回撮影に行っちゃいました。笑

西本願寺内にある唐門を中心に撮影しました。
この門、国宝なのに、雨ざらしなんですよ~。




14 門を保護する為にある柵を額縁に撮影。




撮影しながら、色が地味なんだよなぁ・・・って思いまして。
カメラの撮影モードを【VIVID】に変更。
コントラストなんかも最大にして撮影してみました。

15 昔はきっと、こんな色合いだったに違いない!と思い込んでます。 





16 構図は、15よりも14のほうがいいかなと思って、14をPCで色調補正してみました。





17 ついでに全体もVIVIDで撮影。 カラフル~。





【VIVID】で撮っているうちに、元のカラーがよくわからなくなってきました。
それならば、と、思い切って【モノクロ】に。


18 コントラスト調整はPCで。



すっかりVIVIDにはまってしまい、あっちこっちを【VIVID】で撮りました。


19 唐門を真横から見たところ。 狛犬?が飛び出てます。 





20 正座が上手な金髪の女性。ちょっとドギツイ印象かしら?





21 実際には薄暗く金色には見えないものも、VIVIDのおかげで、金ピカに写せちゃいましたw





22 こちらもVIVIDのおかげで、コントラストが高くなり、趣のある一枚になりましたww





いつもは触ることのなかったモードをいじっての撮影は楽しかったですが、疲れました~。笑
VIVID、どうでしょう?
気に入っていただけますか?




本日、9月28日は、私のお誕生日でした。
メッセージを下さったみなさん、本当にありがとうございます。
この一年も、楽しく過ごしたいです。






スポンサーサイト

写真教室 『 西本願寺 御影堂 』 その2

西本願寺撮影会の続きです。
せっかく組写真の勉強をしたので、次回も組写真で提出したいなぁと考えています。
組写真のテーマは、「初めてのお寺詣り」
外国人を撮っただけ?!って気もしますが、8番は日本の子供なので・・・。




7 暗いお堂を不安げに覗く子ども





8 この子は絶対、探検中なんだと思います





9 何を見つめているのか?





10 何に気を取られているのか??





11 金髪の美女と金の飾り





12 こちらは東本願寺で撮影しました




写真からおわかりいただけると思いますが、西本願寺は外国人だらけでした!
みなさん、何を目当てにやってきているんでしょうかねぇ・・・。




13 単写真。こんなのも撮った、ということで。





よろしければ、ご意見をお願いします♪
お教室は次の金曜日。
頑張って6枚を選ばなくっちゃ。


写真教室 『 西本願寺 御影堂 』 その1

シルバーウィークも終わっちゃいましたねー。
私はなんだか毎日忙しく、ブログの更新も久しぶりになってしまいました。

シルバーウィークの初日でもあった9月19日の土曜日には、写真教室の撮影会がありました。
撮影場所は、西本願寺
西本願寺にある御影堂は、1999年からの大修復のために、ずーっとプレハブみたいなものに覆われていたんです。
工事が終了したのが今年の3月でしたから、私は初めて、その姿を見ることができました。
本願寺御影堂平成大修復のサイトはこちらから




これが御影堂。でっかいです。





前回と前々回の撮影会は、『 自分でテーマを見つけ、組写真として発表する 』 というものでしたが、今回からは以前のように宿題が設けられ、それを1枚含んでいれば、組写真でも単写真でも良い、という形に変わりました。
今回の宿題は、『 御影堂の屋根 』。
一枚目の写真に載ってる、あの屋根ですよ。
あんな大きなもの、どーやったら作品になるんでしょうか・・・。




1. とりあえず、こんなのを撮ってみましたが、いまいち面白味が・・・ ムム? よく見ると、屋根の端っこにいるあいつが、かわいい顔をしていそうですw






2. これです、これ。 なんか、かわいい。






3. 手前の子も、かわいいですねぇ。






4. あっちこっち探しまわって、最後に見つけたのがこの写真。 これを宿題として持って行こうと思ってますw






5. こちらは、別の建物の屋根。 ぬぼーっとしてます。






6. いろいろな形がありました。






屋根シリーズはこんなところです。
よろしければ、ご意見聞かせてください。

西本願寺の写真は、まだもうちょっと続きます~


スイスのおみやげ 【 Spruengli and more 】

なんだかあっという間に秋の気配ですね。
もうすぐシルバーウィークですし、気持も体も軽やかな日々です。



今日はスイスみやげの続きです。
夫のスイス出張はこれで3回目なのですが、3回とも Spruengli のチョコレートとマカロンを買ってきてくれました。
今回はちょっとかわいく撮ってみましたが、いかがでしょうか?






このチョコレートとマカロンの他に、駐在の方からチョコレートをいただいたのですが、このラッピングがものすごくかわいいの!
リンゴも洋ナシも、本物のような色合いです。

 




洋ナシがついているほうの中味はこちら↓。 

 

リンゴがついているほうは、撮りそびれちゃいましたが、トリュフがたくさん入ってましたよ~。






小染にもおみやげがありました(Spruengli じゃないけど)。






さっそくあげてみると、






最初は警戒気味でしたが、気づけばがっついてました。
量が多いので何回かにわけてあげてるのですが、今じゃパッケージを見ただけでゴロニャン言います。








前回紹介したクノールを開けましたが、小袋のパッケージもかわいかったです。



ちょっとした発見は、入れるお湯の量がデシリットルで表記されているところ。
(わかりにくいけれど、手順2のところに「1.5dl」って書いてあります)
小学校で習って以来、まったく使わないですよねぇ。




裏側もかわいいw



肝心の味ですが、日本で売られているものより、さっぱりしてる印象でした。
とろみも少ないし。
あ、でも、おいしくないと言いたいわけではなく、むしろ飲みやすくて気に入りましたw

海外モノは楽しいです~。



スイスのおみやげ 【 スーパーマーケット編 】

夫、またまたスイスに行ってました。
今年だけで、すでに3回目。
もしかして4回目もあるかも?と言う話もあるようなのですが、なんとかしてついていく方法はないかなぁ。



おみやげ第一弾は、スイスの空港にあるスーパーマーケットで買って来た、というものです。


■ クノール



もしや全種類か?!




■ よくわからない食べ物たち



左上の2つはスイスの伝統食(Rostiという名前)だそうです。お好み焼きみたいな感じのものだとか → Rosti(ロスティ)のつくり方
下の小さな箱は、ブイヨン。
右の黄色い箱はPOLENTAって書いてあるのですが、水を入れて温めながら2分待て、みたいなことが知らない外国語で書いてあります。ウィキペディアで見たら、そばがきのようなもの、と書いてありました。なるほどね・・・。




■ ビン詰めシリーズ



彼はビン物を買うのを、趣味にしているらしい・・・。

実は、右側のビンが、スーツケースの中で開いちゃってたんです(中の液体が減ってるでしょ?)。
おかげで、スーツやらシャツやらがシミだらけに。
開いちゃうビンって、どうなんでしょうかね?笑




■ お菓子たち



一番気になるのは、右側のチョコレートソース(ドリンク?)っぽいもの。
甘そうだ~。




「今回はおみやげいらないよ」 「食べ物じゃないほうがいいな」

などと話していたのですが、空港にあるスーパーマーケットに入ったら、スイッチが入っちゃったんですって。
食べたことのないものを食べたり見たりするのは楽しいで、やっぱり嬉しいです♪



Pagination

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


08 ≪│2009/09│≫ 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。