スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手ぬぐいを飾る -ひな祭り・バージョン-

  • 2009/02/28 21:36
  • Category:
  

以前に、我が家のクリスマスの飾り付けをを紹介しましたが、新しい年になっても、すべてずーっと出しっぱなしにしてました。
京都もぐっと春めいてきたし、いい加減にしないとと思って、本日ようやくお片付けをし、上の写真のようになりました。
写真・左のうさぎさんは、京都嵐山ちりめん細工館のもの。
月ごとに違う飾りがあって、これは4月の飾り。
全ての月の飾りを揃えるのが、夢です~。




新しくネコちゃんがお雛さましている手拭いを手に入れました♪
こちらは、サンタの手ぬぐいをつけていた場所に飾りました。
最近は、ペット用の雛人形も売っているそうですが、かわいいものがあったら、買っちゃいそうな気分です。
小染は、女の子ですし。
んー、でも、ひな祭りって、何をすればいいんだろう??
















 
スポンサーサイト

写真教室 『嵐山モンキーパーク』 その1

先週の土曜日は、写真教室の撮影会でした。
今回の撮影場所は、嵐山モンキーパークいわたやま
「嵐山にモンキーぱーく??」って思われるでしょうけど、これがあるんですよねぇ。
しかもかなり山の上! 息切れしながら登ってきましたよ・・・。

モンキーパークに行くのは、2度目です。
一度目は、高校の修学旅行のとき。
班行動でモンキーパークを訪れたのですが、あまりの険しい山に、頂上のサルがいるところにはたどり着けずに下りたという、懐かしい思い出があるんです。
あれから何年経ったのかは忘れちゃいましたが(笑)、こういう形で行くことになるとはねぇ。
あの頃の私に、「将来は結婚して京都に住むのよ」って教えてあげても、信じないだろうなぁ・・・。




サルの撮影は、思っていたよりもずっと難しかったです。
なにせ動きが速いし、基本的には地べたにいるので、注意しないと頭や背中ばかり撮ってしまう。
下の写真のように、高い位置でじっとしてくれていると撮りやすいのですが、似たような写真になっちゃいますね。
それなりに、気に入ってはいますが。

  




サルといえば「毛づくろい」という印象がありますが、嵐山のサルも、あっちこっちで毛づくろいしていました。
恍惚の表情(左)や、三連(右)には、こちらの気持ちが和みます。

 





こちらも恍惚(左)。 右のペアは仲良しですねぇ。

 



この日はとにかく寒くて、足が前に出ず、ちょっと引き気味の写真が多い気がします。
だから、きれいに撮れてはいると思うのですが、面白みに欠けるというか・・・。
よろしければ、ご意見くださいな。
その他の写真は、また後日アップします!





そういえば・・・
子供のころ、五味太郎の「さる・るるる」っていう絵本が大好きでした。
どんな内容か忘れちゃったけど、楽しいお話だったような。
また読みたいなー。


さる・るるるさる・るるる
(1980/01)
五味 太郎

商品詳細を見る

ハウステンボス その4 【いよいよ日の出】

「新しいデジカメを買った」と書いたばかりですが、そちらのカメラではまだあまりモノを撮っていませんので、またまたハウステンボスの写真に戻っちゃいます。
今回はちゃんと、太陽が出ますよ^^




○7時18分 雲がピンク色に染まったのは、5分間だけ。
 





○7時21分 空全体が、白っぽくなってきました。






○7時24分 建物もはっきりと見えるようになりました






○7時34分 いよいよ、ご来光!! 太陽の方向から、強烈な熱も伝わってきます。






○7時35分  たった一分で、こんなに出ちゃいました。それにしても、眩しくて熱かった・・・。






○7時37分 3枚目と見比べてください~







○7時40分 日の出ショーもそろそろ終焉です。




ハウステンボスでの日の出撮影は、本当に素晴らしい体験でした。
6時50分過ぎから7時40分までの50分間、どんどん変化する空の様子に、興奮と感動の連続でしたよ。
本当に行って良かったし、早起きしてよかったわぁ。

それにしても、太陽が登場したのは7時34分。
45分にもわたる前座のあと、まさに、満を持して登場したというわけです。
太陽って、まさに主役の中の主役なんですね。


新しいデジカメ~京都国立博物館

最近、新しいデジカメを買いました。
PanasonicのLUMIX DMC-LX3というコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)です。

一眼レフで写真を撮るようになって以来、圧倒的な画質の差から、コンデジに対する興味は薄れていたのでが、一眼レフは普段使いには向かないこともよくわかってきたし、小さくて良いカメラはないかと探していたんですよねー。
そしたら、やっぱりあるんですねぇ。
コンデジの枠は超えた性能で(なんと、F2.0)、でもコンデジの使いやすさを持っているカメラが。

 

右の写真は、革のケースを装着したもの。
どことなくレトロで、高級感もあって、「子供のころは触らせてもらえなかった、おじいちゃんの大切なカメラ」って雰囲気です♪




昨日はこのカメラを持って、お出かけしてきました。
目的地は京都国立博物館。

でもその前に、、、まずは腹ごしらえ。
HYATT REGENCY KYOTOで、やたら高いバーガーを食べました。笑

  

レストランでの撮影も、コンデジだとささっと済ませられて良いです。
これからは、もっとじゃんじゃん撮っちゃうぞー。



京都国立博物館
では、「京都御所ゆかりの至宝-甦る宮廷文化の美-」という特別展を見て来ました。

 


この展覧会は「京都御所をはじめ宮内庁で伝えてきた品々に加えて、天皇の下賜品や移築された御所建物に付属する障壁画の名品までを一堂に展観するはじめての機会」だそうで、工芸品や装束、書、絵画、障子絵など、さまざまなものを見ることができました。


← こちらは12月に京都御所で私が撮った写真なのですが、これとおなじ取っ手も展示されていました。

実際に見たことのあるものを博物館でも見た、なんていう経験は初めてだったものですから、とても感慨深かったです。
京都に住むってことは、すごいことなんですねぇ・・・。

桂離宮の美についてもたくさん紹介されていました。
こちらも実際に行ったばかりなので、親しみが沸きます。御所と離宮に親しみだなんて、私も偉くなったもんだ^^



最近は更新が滞りがちですが、新しいコンデジ共に、京都の様子をお届けできたらと思っています!
春も近いし、なんだかわくわくします。



ハウステンボス その3 【日の出前】

もう一か月も前になってしまいましたが、まだまだ残っているハウステンボスの写真をちょっとずつ公開していきます。
今日は1月4日の朝焼けの写真です。
朝日があがる時間帯に撮影をしたのは初めてなのでさっぱり様子がわかりませんでしたが、朝って30分くらいの間にどんどん光景が変わっていくのですねぇ!
こんなにも素晴らしいものなのか!と、感動しきりでした。

少しでも感動が伝わると嬉しいなぁ・・・。



今回は、大きめの写真を載せます~




○6時54分 まだ暗い港






○6時58分






○7時2分







○7時7分
 雲の形もどんどん変わります






○7時13分 少しづつ明るくなってきました






それにしても、ヨットハーバーで朝焼けが撮影できるなんて、ハウステンボスって贅沢すぎますよね~。
あー、また行きたくなってきた・・・




Pagination

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


01 ≪│2009/02│≫ 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。