スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっきは、ごめんなさい。

  • 2007/10/31 13:13
  • Category:
さっき、ひとつ記事をアップしたのだけど、
あんまりにも愚痴だったので、削除しちゃいました。

RSSリーダーで読んだのに、ブログに来たら記事がなかった、っていう人がいたら、ごめんなさい。
以後、こういうことがないよう、気をつけますので。


さあて、愚痴なんか書いてないで、前進しなくちゃ。

スポンサーサイト

芸術の秋 第一弾 ~ルイサダ・リサイタル~

この前の日曜日、ジャン=マルク・ルイサダのピアノリサイタルを聴きに行ってきました。
3000人クラスの大ホールでピアノソロのコンサートを聴くのは初めてでしたが、
「音が小さい」とか「見えにくい」というようなことは一切なく、非常に満足のいくコンサートでした。



10月28日(日)17:00 フェスティバルホール(大阪)

第一部

夜想曲第20・2・1・16番(ショパン)
ポロネーズ第7番「幻想」(ショパン)
ピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」op.13(ベートーヴェン)

~休憩~

第二部

3つの間奏曲 op.117(ブラームス)
6つのピアノ小品 op.118(ブラームス)
4つのピアノ小品 op.119(ブラームス)

アンコール

4つのマズルカ op.24(ト短調/ハ長調/変イ長調/変ロ短調)(ショパン)




意外なことに、ルイサダ氏は、全ての曲を“楽譜を見たまま”弾いていました。
最初はうーむ?と思ったけれど、
曲と曲の間の楽譜のめくり方も、ひとつの流れの中で行われていたので、とても美しかったです。
(曲中は、もちろん専属の譜めくりさんがいましたよ。)


第一部は、ショパンの曲が中心。
ルイサダ氏は、以前にNHKで放映された「スーパーピアノレッスン ショパン編」の講師でもあったので、
ショパンが多いのは必然なのでしょうね。

どれもとても美しく楽し気で、きらきらの世界に心奪われちゃいました。

一部最後の曲は、急遽変更され、ベートーベンの「悲愴」でした!
私、「悲愴」って大好きなんですよねー。
最初の「ジャーン」で、もうしびれちゃいましたヨー。


第二部は、全曲ブラームス。
ブラームスのピアノ曲なんてほとんど馴染みがないし、午前中に具合が悪く風邪薬を飲んでいたため、
あっという間に眠くなり、第2部はほとんど寝てしまいました。汗

でもねぇ、一度も“拍手”のタイミングを取ってくれないんですよ。

普通、一曲ごととか数曲ごとに立ち上がって拍手を求める(あるいは一度袖に引っ込む)という『間』があるものなのですが、
それがまったくないんです(一部ではあったんですけどね)。
都合13曲をルイサダ氏は休みなく弾き続け、その集中力と体力に感銘を受けるものの、
ちょっとは聴衆のことも考えてほしいなあと思ってしまいました。
途中で拍手することで、目も覚めますから・・・。


アンコールは4曲。
これも、ぶっ続けで4曲弾いてくださいました。

いやぁほんと、凄いです・・・。


17時から始まったコンサートですが、終わったのは19時45分。
休憩は15分だったから、ルイサダ氏は2時間半、弾き続けていたことになります!
ピアノのソロ・リサイタルって、1時間半くらいだろうと思っていたので、これまたビックリでした。


終演後には、なんとサイン会もありました。
CDかパンフレットを買えばサインを貰えるとのことで、パンフレットを買ってサイン会の列に並びました。

2時間半も演奏をした後だというのに、氏は笑顔でサインに応じ、なんと握手までしてくださったのです!
(握手を断るピアニストもいるんですよ。だって商売道具ですから!)
誰かがカメラを構えると、笑顔でそちらに微笑むみ、しっかり話しかければ会話もしてくれるし、なんてサービス精神旺盛な人なんだ!と、ここでもビックリでした。



ピアニストって、時にかなりオーバーアクションで、いかにも「魂込めてます」みたいな演奏をするけれど、
ルイサダ氏は超自然体なんですよね。
紳士的な態度でイスに座り、おもむろに演奏を始め、ちょっとおしゃべりしてるみたいな雰囲気でピアノと向き合ってる。
聴衆に無駄な緊張感を強いることもなく、どうぞご自由にお楽しみください、といった雰囲気なので、とても気持ちよく演奏を聴くことができました。
(気持ちよすぎて、寝ちゃいましたが・・・w)


こちらのページで、ルイサダ氏の演奏を視聴できます♪



さて、この秋は、芸術鑑賞目白押しのワタクシです。
第二弾は、来週の土曜日。
なにを鑑賞するかは、またその時に書きます~。






 

歯医者シール、その後

みなさん! 私の作った歯医者シールに、たくさんのコメントをありがとうございました♪
「絶対持って帰る」って言ってもらえて、すっごく嬉しかったです。
自身を持って、父に送ろうと思います。


送るにあたり、シールを一種類増やしました。
私はスケジュール帳用に貼ることばかりをイメージしていたのですが、
壁に貼るようなタイプのカレンダーに使いたい、とのご意見をいただき、ちょっと大きめを作ったのです。
それが、これ↓
歯医者シール 大
うーん…。
「歯」の形って、大きくするといまいちかもですね。。あんまりかわいくないや。
まあ、いいか…。


それから、一番下の歯科医院の名前と住所のところも、切りだせるようにしました。
この部分だけ、どこかに貼るという使い方もあるかなと思って。
歯医者シール 名前のところのみ


シールは一枚一枚、紙袋でラッピングしました。
ほんとは、透明フィルムに入れたかったのですが、
シマウマのシールは、表面の材質の関係で、フィルムとくっついちゃうんですよねー。
歯医者シール ラッピング
紙袋の口は、2か所開けてあります。
そのほうが、取り出しやすいと思って。


全体は、こんな感じ。

うふふ。
かわいくできちゃった♪


全部もらってもらえるといいなー。


ってことで、明日、発送しようと思いまーす。




それから、
もし、このシール欲しいわ♪という方がいらしたら、ぜひご連絡ください。
差し上げますので!

ほかにもあれこれ作れるので、遠慮なくご連絡くださいね。

私は「作る」作業が好きなので、どんどん「作らせて」もらいたいのです。




歯医者シール、気に入ってもらえますか?

クラフトロボで、なんかオリジナルのシールが作れないかなぁと考えて、こんなのを作ってみました。


その名も、「スケジュール帳用 歯医者さんシール」です!(そのまんまかー)

歯医者シール キリン
全体は名刺サイズで、シールひとつひとつは1センチ角くらい。
ちょっとわかりにくいけど、キリンシマウマが歯を剥いてニカッて笑ってるイラストを使いました。
(クリックすると、少し大きな写真をご覧いただけます)


カレンダーや、スケジュール帳に貼ってもらえないかなあって。
(こんなにたくさん歯医者には行かないって話もありますがー)


もうひとつ。
7ミリ角の「歯」のイラストで、台紙は透明。
歯医者シール 歯


透明シールは、時間がプリントされているスケジュール帳なら、
歯医者の予約の時間のところにシールを貼ることができて便利です♪
(縦書きにプリントされてる数字は、時間を表わしています)
歯医者シール スケジュール帳に貼ってみました


これを父の歯医者の受付にでも置いてもらおうと思ってるのですが、
こういうシールが歯医者に置いてあったら、どう思います?


おもしろがって、持って行ってもらえるかしらー?



京都といえば、よーじやの油とり紙?

  • 2007/10/26 13:11
  • Category:
京都で女子用のおみやげと言えば、やっぱり「よーじや」さんの油とり紙ですかね。
安いし、小さいし、大勢の人に配るのに重宝しますよね。


その「よーじや」さんから、ダイレクトメールが着たのですが、
料金後納郵便用のマークがかわいいので、つい撮っちゃいました♪
よーじやのマーク
最近はこういうのもあるんですねー、と書こうと思っていたのですが、
後納郵便マークに広告が載せられるようになったのは、随分前のことのようですね。
知りませんでした。


「よーじや」さん、といえば、もちろん「油とり紙」ですが、化粧品やブラシ類も充実してるんですよ。
私は、フェイスブラシと、アイシャドー用ブラシと、アイライン用ブラシを持ってます。

ブログ用に写真を撮ってたら、小染にジャマされました。
やっぱりリス毛に惹かれるのでしょかw
よーじやのブラシ類

近々、リップブラシを買いに行きます~♪



ただいま京都は、雷&雨!
帰る頃には、やんでくれ~~!!



       

Pagination

Utility

プロフィール

shiolly

Author:shiolly
2004年、東京都の多摩地区から京都市に転居。
夫と猫(小染ちゃん)との3人生活を楽しんでいます。

ピアノとカメラと、シール作りが趣味です。

2008年4月から、写真教室に通っています。
ピアノはかれこれ30年は弾いているなぁ…。

カレンダ


09 ≪│2007/10│≫ 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

©Plug-in by ASIA SEASON

コメント

お知らせ その1

★Copyright(C)2007-2012 Shiolly All right reserved.
掲載内容の無断転載、商用利用を禁じます。 リンクはフリーです。

★お気軽にコメント、トラックバック下さい。 内容によっては、こちらで削除させていただく場合があります。ご了承ください。

カウンタ

メール

shiollyへのメールは こちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。